薄型・軽量のカラフルPS Vita、約20%の薄型化と約15%の軽量化。

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメントは9月9日、薄型・軽量化した「プレイステーション ヴィータ」(PS Vita)の新モデル「PCH-2000シリーズ」を発表した。発売は10月10日からで、価格は19,929円(税込み)。なお、同機はWi-Fiモデルのみで、全6色のカラーバリエーションが用意されている。

「PCH-2000シリーズ」は、さらに幅広い層の人たちに「PS Vita」を楽しんでもらおうと、カジュアルで使いやすいよう開発されたモデル。本体各部を新たに設計・デザインすることで、従来の「PS Vita」と比べて約20%の薄型化と約15%の軽量化を実現し、より持ち運びやすく進化した。

また、「PS Vita」の特長でもある大型5インチディスプレイは、有機ELディスプレイから高精細の液晶ディスプレイに変更となった。

デザインは、「PCH-1000シリーズ」のイメージを継承しながら、丸みを帯びたフォルムで、流れるような曲線が引き立つ外観に。また、PSボタン/STARTボタン/SELECTボタンを丸型で立体感のある形状に変更した。

そのほか1GBのメモリーカードを内蔵し、本体上部に電源ランプとお知らせランプを新たに搭載。さらにマイクロUSB端子(タイプB)を採用することで、スマートフォンなどに使用しているUSBケーブルで充電やデータのバックアップが取れるようになった。

加えて各部品を根本的に見直し、最適化を行うことでバッテリー持続時間も向上。ゲームプレイは約4〜6時間(従来モデルは約3〜5時間)、動画再生は約7時間(従来モデルは約5時間)の使用が可能になった。

本体色はブラック、ホワイト、ライムグリーン/ホワイト、ライトブルー/ホワイト、ピンク/ブラック、カーキ/ブラック。