柳楽優弥 (2009年当時)

写真拡大

6日放送のTBS系トーク番組「A-Studio」に俳優の柳楽優弥が出演し、休業時の苦悩を明かした。

柳楽は是枝裕和監督の映画「誰も知らない」でデビュー。同作は第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、柳楽も最優秀男優賞を受賞した。14歳での史上最年少、かつ日本人初の快挙ということもあり、柳楽は文化関係者文部科学大臣表彰を授与され、「TIME」誌アジア版でイチローと共に「20人のアジアの英雄」に選出されるなど一躍脚光を浴びることとなった。

その後、柳楽は、年1本程度のペースで順調に映画出演をこなしていたが、徐々に「カンヌ受賞」のプレッシャーに悩まされ、体調を崩すように。そして、2008年には安定剤を服用して病院に搬送され、2010年まで俳優を休業していた。しかし、今年には「許されざる者」「ゆるせない、逢いたい」「爆心 長崎の空」の3作品が立て続けに公開となり、来年には「クローズEXPLODE」も控えるなど、再び存在感を発揮している。「A-Studio」では、司会の笑福亭鶴瓶が関係者への取材と柳楽とのトークを通し、その軌跡に迫ったのである。

鶴瓶によれば、柳楽は2009年の妻・豊田エリーとの結婚後は仕事がほとんど無い状態が続き、家に閉じこもりっきりだったという。一日8食、寝てばかりの生活を続けた結果、身長174センチの柳楽の体重は一時は82キロにまで増加。この時の事を振り返り、柳楽は「自分が悪かったですね。『自業自得なことをしてたのかな』っていう、色々反省できた時期でした」と語っている。その後、25キロのダイエットに成功したものの、仕事に関しては変わらない状況が続いた。

そこで、柳楽はアルバイトをすることを決意。チラシやインターネットで働き口を探し、はじめに経験したのが時給1000円の洗車のアルバイトだったという。当時の上司は、柳楽が現れた際に「冗談で来ているのか?」と目を疑ったが、俳優だからと特別扱いはせずに厳しく接したとか。柳楽も長時間シフトに志願するなど懸命に働き、妻の豊田が満足するほどしっかりと稼いだという。職場での人間関係も良好で、柳楽と当時の上司は現在も家族ぐるみの付き合いをしているほど。鶴瓶が取材する2日前も、柳楽と当時の上司は酒を酌み交わしていたという。

ただし、そういった生活も楽しい事ばかりではなく、もどかしさを感じることもあったそうだ。居酒屋のホールでも働いていた柳楽は、絡まれることもあったという。酔っ払った客の中には、顔や名札を見て柳楽の存在に気付き「柳楽!? サインちょうだいよ〜!」と小馬鹿にした口調で話しかけるものもいたというのだ。柳楽はそういった経験を思い出し「なんだろうな…悔しかったですね…」と、やや言葉を詰まらせながら語っている。ただし「俳優として経験を積んでいきたい、っていうのは、バイトしている時に強く思ったことですね」「ほんと、逆に感謝しています」とも話し、アルバイトで経験した悔しさが、俳優再起へのきっかけになったことを明かしている。

また、あまりに俳優の仕事が出来ないことも、柳楽を苦悩させていたそうだ。そんな時、陰ながら柳楽を支えたのが妻の豊田だという。豊田は鶴瓶に対し「『やめよう、やめよう』と言ってても、あの人は絶対やめない。本気で『やめよう』となった時には絶対止める」と力強くと語ったという。何度もくじけそうになった柳楽を見て、「またパワーアップした。また、彼はパワーアップした」という気持ちで、柳楽の成長を見守ってきたそうだ。

柳楽の俳優人生のきっかけをつくった是枝監督も、柳楽のことを気にかけているという。監督は柳楽を起用したことで、その後の人生を狂わせてしまったと責任を感じ、しばらく会うのをためらっていたそうだ。しかし取材時には、鶴瓶の「次、(柳楽と仕事)やりたいと思わないの?」との質問に「やりたい。やりたいけど(『誰も知らない』を)超えるものをやらないと、柳楽も僕も恥ずかしい」「『誰も〜』を越えるものをやりたいから、今はまだ柳楽にオファーしないんだ」と答え、時期を待っていることを告白している。

現在23歳の柳楽は「許されざるもの」で渡辺謙、佐藤浩市、柄本明といった日本を代表する俳優たちと共演し、様々なものを吸収しているという。また同作は第70回ベネチア国際映画祭の特別招待作品としてプレミア上映され、現地で舞台挨拶を行った柳楽は、再び世界の注目を集めることになった。一方の是枝監督の最新作「そして父になる」も、第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞して話題となっている。「誰も知らない」のカンヌ受賞から約10年、苦難を乗り越えて成長した柳楽と是枝監督ならば、再び世界をうならせる作品を作りあげる事が出来るのではないだろうか。

【関連記事】
柳楽優弥、挫折を知った男があえて口にした「『世界のユーヤ・ヤギラ』に」
柳楽優弥の顔が整形越え→国籍越えへ!? 「水嶋ヒロにソックリ」「誰コレ?」
是枝裕和監督が凱旋記者会見、カンヌでスピルバーグに名前を読み上げられた喜び語る
柳楽優弥 公式サイトで「自殺未遂」を否定