インテリア・アート・プロダクトの合同展示会「場と間」の名古屋バージョン「BAtoMA in NAGOYA」が、9月20日(金)〜10月6日(日)、名古屋パルコ・西館8階パルコギャラリーで初めて開催される(入場無料)。
2010 年から東京で開催されてきた合同展示会「場と間」は、2013 年より5 月・10 月の年2 回開催となり、毎回テーマに合わせたブランドを集め、ディレクターによる編集・演出を加えることにより、他展示会にはない統一感ある空間を生み出し、通常はビジネス関係者のみ入場可能な展示会を一般にも開放、作り手とお客の交流の場を設けるなど、独自の取り組みと編集力が特徴の展示会である。
この「BAtoMA in NAGOYA」は、普段東京の展示会に来場できない人々にも同展の楽しさを体感してもらえるイベントとして、期間限定ショップを名古屋においてオープンするもの。「場と間」と深いかかわりをもつ、クリエイターやメーカーのアイテムを集めたリミテッドショップやインスタレーション、また名古屋でギャラリーやショップを営む「22」による蚤の市、「場と間」ディレクターが工場から集めた蔵出し市、地元愛知の「セトモノ市」、中部地方のものづくりにも触れられるワークショップなど、様々な企画を展開する。初日の20 日(金)は、magma、holiday、matic、大図まこと等、様々なクリエイターが集合する予定である。