写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アーツカウンシル東京(東京都歴史文化財団)は10月13日、日本を代表するさまざまな伝統芸能を紹介し、触れてもらうイベント「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」を、神楽坂エリア一帯で開催する。料金は無料。

○伝統芸能に馴染みのない人も楽しめるプログラムを用意

同イベントでは、庶民芸能の集積地として栄え、現在も伝統(和)と先端(モダン)が融合した文化を持つ「神楽坂エリア」の各所を舞台に、さまざまな伝統芸能の公演、ミニライブを行う。

中心会場となる毘沙門天善國寺境内の特設ステージでは、津軽三味線ユニット「あんみ通」や、笛とギターを中心とした「竹弦囃子」、江戸太神楽「太神楽曲芸協会」による伝統芸能公演「神楽坂楽座」を開催。東京神楽坂組合・見番では、芸者衆の踊りやお座敷遊びを体験できるプログラム「覗いてみようお座敷遊び」を実施する。

また、当日は新内流しや虚無僧尺八が神楽坂のメインストリート、路地・横丁を行き交い路上ライブを行う「芸能めぐり-街角ライブ-」のほか、神楽坂をよく知るガイドが見どころを案内したり、時代衣裳を着たスタッフが登場する、名所旧跡スタンプラリー「神楽坂 タイムスリップ」も行うとのこと。

開催時間は11時〜17時まで。なお、「覗いてみようお座敷遊び」のみ有料(2,500円)で、事前申込みが必要となる。

(OFFICE-SANGA)