「年金は老後の最大の支え」といわれる。だが、働き方も辞め方も十人十色の時代には、“老後”のあり方も人それぞれ。自分のセカンドライフに合わせた「年金戦略」が必要だ。では、60歳でのリタイアを選択した人は、65歳の年金受給開始までの「空白の5年」をどう埋めればよいのだろうか。

 定年退職すれば、「失業」であることに違いはないので、雇用保険の失業給付、いわゆる「失業保険」を利用できる。20年以上雇用保険に加入する普通のサラリーマンなら150日間もらえる。

 そこで、こんなテクニックがある。中小企業に勤めていて、経営者と相談ができるならば、退職理由を「自己都合」ではなく、「会社都合」にしてもらうといい。すると、給付を受け取れる期間が60歳以上なら240日、60歳未満なら330日に伸びる。

 また、国が転職に役立つと認めた技術・知識を身につける「公共職業訓練」を受ければ、給付期間が延長される。本来の給付期間の終了直前に訓練を開始すれば、訓練を受ける期間中はずっと給付を受け続けられることになる。

 年金博士として知られる社会保険労務士の北村庄吾氏は、こうアドバイスする。

「『会社都合』とは、リストラなどのこと。たとえば、勤め先の早期退職の募集に応募し、60歳直前で失業すれば、失業給付を330日間もらえます。60歳以上の『公共職業訓練』の場合、半年コースが一般的なので、給付期間の最終日から半年コースを受講すれば、61歳ぐらいまで1年半近く失業給付を受け取れる」

 退職前の平均月給が45万円のサラリーマンであれば、失業給付は月額約18万円だ。1年半であれば、計324万円を受け取れることになる。

 ただし、失業給付を受けるためには、ハローワークで求職の申し込み手続きをした上で、1か月に1度、担当者に「就職の意思と能力があるが失業中である」ことを伝え続けなければならない。

※週刊ポスト2013年9月20・27日号