亀田三兄弟 公式サイト

写真拡大

 プロボクシングの亀田兄弟がまた問題を起こしたようだが、ごく一部で報じられている以外、大半の記者や関係者は見て見ぬフリをしているようだ。

 9月3日、サンメッセ香川で行われたIBF世界スーパーフライ級王座決定戦、亀田大毅が勝利した裏で、関係者を騒然とさせる事件があったが、現時点でこれを大きく報じたメディアは東京スポーツほか、フリーライターの片岡亮氏がブログで言及したのみだった。

 東スポによると試合当日、亀田陣営は対戦相手の使用するグローブに難クセをつけ、思い通りにならないと、試合を取り仕切るJBC(日本ボクシングコミッション)の関係者を監禁し「何で自分たちのためにIBFと戦ってくれないんだ!」と恫喝するという暴挙に出たとされる。これについては片岡氏がブログで「現場には複数の目撃者がいた」と書いており、実際にあるスポーツ紙の記者に聞いてみると、たしかに「JBCの職員が亀田兄弟に軟禁され、大声で怒鳴り散らされているのを見た」と話した。

「職員の方が閉じ込められている様子でドアが閉められ、部屋の中から『なんとかせんかい!』というような怒鳴り声がしていました。声の主は興毅と和毅のように思えましたが……」(同)

 亀田兄弟がJBC職員を恫喝したのは、当日の試合で使用するグローブが契約上、どちらの陣営も自由に選べるという条件になっていたことに不満を持ったのが原因だとされる。ただ、グローブの選択は両陣営の契約で決められるもので、JBCには無関係。

「職員は『そんなこと言われても……』と必死に説明していたようですが、あの一家にそういう理屈は通用しませんからね」(同)

 東スポの取材では、亀田側はこうした言動は一切なかったと否定したというが、この暴挙を多くのメディアは無視。前出記者は、追って取材をしなかった理由を明かした。

「実はコワモテの人たちが会場を取り囲むように来ていたので、関わりたくなかったんですよ。亀田と関係ある連中かは分かりませんが、興行の主催者は亀田ジムですし、亀田にとって不都合な動きをして睨まれては厄介なことになるかもしれない怖さがあったんです」(同)

 記者が“コワモテの人たち”と表現したのは、おそらく暴力団関係者と見られるが、近年、JBCの方針でボクシング会場からは暴力団関係者の姿が見られなくなっていたはずではなかったか。

「いや、それは都市部だけの話。いまだ地方興行ではそうした光景は残っています。なぜ世界タイトルマッチをわざわざ大都市ではない香川でやるのかと疑問でしたが、そういう圧力をかけられるからだったのかと邪推してしまいました。ただ、接待上手な亀田史郎氏と良好な関係を築いておけば、興行の後で美味しい思いをすることもあるので……」(同)

 なんとも弱腰な報道姿勢には呆れるが、兄弟の父親、史郎氏は以前JBC関係者を恫喝した行為で永久追放処分を受けている。今回もそうした厳しい処分が予想されるのではないか。

「いや、現役の世界チャンピオンが関わっていたなら処分はできないでしょう。みんな見なかったことで終わらせるんじゃないですかね」(同)

 もはやボクシング界の風物詩になりつつある亀田家がらみのトラブルだが、臭いものにフタをして終わるのなら、今後も同じようなトラブルを繰り返しそうだ。
(文=小林俊之)