●敗者達 -第57回壁外調査(6)-

(画像:「進撃の巨人」公式Webサイトより)
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


●キャスト
エレン・イェーガー:梶裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
アニ・レオンハート:嶋村侑
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
マルコ・ボット:逢坂良太
コニー・スプリンガー:下野紘
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ / ヒストリア・レイス:三上枝織
ユミル:藤田咲
トーマス・ワグナー:須嵜成幸
ミーナ・カロライナ:安済知佳
ダズ:田久保修平
ハンネス:藤原啓治
フーゴ:陶山章央
ドット・ピクシス:田中正彦
イアン・ディートリッヒ:村上裕哉
キッツ・ヴェールマン:志村知幸
グスタフ:四宮豪
アンカ:葉山いくみ
エルヴィン・スミス:小野大輔
ハンジ・ゾエ:朴璐美
リヴァイ:神谷浩史
キース・シャーディス:最上嗣生
グリシャ・イェーガー:土田大
カルラ・イェーガー:鷹森淑乃
ニック司祭:麻生智久
バルト候:高口公介
リコ・プレツェンスカ:鷄冠井美智子
ダリス・ザックレー:手塚秀彰
ミケ・ザカリアス:三宅健太
ペトラ・ラル:相川奈都姫
オルオ・ボザド:川田紳司
エルド・ジン:千葉進歩
グンタ・シュルツ:三戸耕三

●ストーリー
突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕するも、生き残った人間達は、三重に築かれた巨大な城壁内側に生活圏を確保することで、一時的な安全を得るに至っていました。
城壁による平和を得てから約100年後。城郭都市の外縁地区「ウォール・マリア」南端より突出したシガンシナ区にて、父・グリシャと母・カルラ、幼馴染のミカサと暮らす少年エレンは、親友アルミンと共に、幼い頃から「壁の外に出て世界を探検すること」を夢見ていたのですが…。
エレンが10歳を迎えた年、突如として現れた「超大型巨人」を尖兵としてシガンシナ区及びその一段奥のウォール・マリアまで侵入、しかもエレンの母は彼の目の前で巨人により殺害されてしまいます。
巨人への復讐を誓ったエレン、そしてミカサとアルミンは第104期訓練兵団に入団したのですが…(第2話までのあらすじ)
●前回のあらすじ
復活した女型の巨人はリヴァイ班を次々と殺害し、巨人化したエレンをうなじごと捕食してしまいます。

怒りに任せて女型の巨人に立ち向かうミカサですが、

リヴァイ「一旦、離れろ!」

人類最強の2人が女型の巨人へ挑む事に!
●エレン奪還作戦
リヴァイ「エレンは生きているのか?」
ミカサ「…目標には知性があります。エレンをうなじごと捕食したのは、口に含みながら逃げるためと思われます。」

リヴァイ「お前はあのとき(兵法会議)の。目標を一つに絞るぞ。奴を仕留めるのは諦める。エレンの救出のみを狙うぞ。」

女型の巨人は硬質化能力があり、殺害するのは困難ですが…。

ミカサ「うなじが狙える。今なら!」
リヴァイ「よせ!」


ミカサの攻撃は女型の巨人に読まれており、リヴァイはミカサを救おうと無理したため足を捻ってしまいます。しかし、リヴァイが女型の巨人の頬への一撃によりエレンの奪還に成功!

リヴァイ「作戦の本質を見失うな!自分を満足させる事が大事なのか?」

そこでリヴァイが見たものは、

女型の巨人の涙!
●死体を捨てる
辛うじて救出されたエレン、しかし今回の遠征は多大なる犠牲を出した割には成果と呼べるものは殆ど無し。

そしてリヴァイ班はリヴァイとエレンを除き全滅。リヴァイ班の家族達も彼等が遠征から帰ってくるのを心待ちにしていますが、そのときはもはや永遠に来ないのです。

遠征で戦死した兵士の死体は持ち帰るのが慣習。しかし、巨人の近く回収不能という状況で回収出来ない事も多々あります。それを冷徹なまでに判断するエルヴィン。そして、

リヴァイ「死亡が確認出来た。それで充分だろ!」

もちろん、彼等に対して反発する兵士も多いのですが…。

兵士「巨人だ!」

敗走する兵士達を追撃する巨人達。しかも数体が!

そして捕縛される兵士、辛うじて巨人を倒す事に成功するミカサ。

リヴァイ「死体を捨てろ!追いつかれる!死体を持ち帰れなかった奴はごまんといる。」

馬車に乗せていた死体を捨て、荷を軽くするリヴァイ達。しかし、

リヴァイ「これが奴等の生きた証だ。俺にとってはな。」

彼が見せたのは調査兵団の紋章。決して表情には出さないけれどリヴァイは誰よりも仲間の死を悼んでいるのです。
●無言の調査兵団
エレンは夢を見ます。それは彼がまだシガンシナ区にいた頃、調査兵団へ憧れていた少年だった時代。彼が憧れの調査兵団を初めて見たのは、

巨人相手に敗走し、怪我人や死者を多数抱えてやってきた調査兵団の生き残り。

そして彼が目覚めたときに見たものは、それは夢では無く現実に自分達が巨人に敗走している姿。

ミカサ「エレン…。」

辛うじて壁の中に戻ってきた調査兵団の生き残り。彼等に浴びせられるのは労いの言葉は無く、罵声と嘲笑のみ。しかし、彼等はそれらに対して何も言い返せません。

エルヴィン「…。」
リヴァイ「…。」


そして、エレンの憲兵団引き渡しが決定したのです。

「進撃の巨人」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「進撃の巨人」第21話「女型の巨人、エレンを捕食する!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第20話「女型の巨人、喰われる!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第19話「女型の巨人、確保される!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第18話「巨大樹の森」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第17話「女型の巨人」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「進撃の巨人」TVアニメ公式Webサイト