写真提供:マイナビニュース

写真拡大

内閣府は9日、2013年4〜6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の改定値を発表した。それによると、物価変動の影響を除いた実質GDP成長率は前期比0.9%増、年率換算3.8%増となり、8月12日に発表した速報値の前期比0.6%増、年率換算2.6%増から上方修正された。

新たに発表された法人企業統計などを基に推計し直した結果、設備投資がプラスに転じたことなどが要因。なお、プラス成長は3四半期連続となる。

企業の設備投資を示す民間企業設備は、速報値の前期比0.1%減から同1.3%増と大幅に上方修正された。民間在庫品増加についても、寄与度(対GDP)をマイナス0.3%からマイナス0.2%に修正。また、公共投資を示す公的固定資本形成も、前期比1.8%増から同3.0%増に上方修正された。

一方、民間最終消費支出は速報値の前期比0.8%増から同0.7%増に下方修正されたほか、住宅投資も同0.2%減から同0.3%減に下方修正された。

景気実感に近いとされる名目GDP成長率は前期比0.9%増、年率換算3.7%増となり、速報値の前期比0.7%増、年率換算2.9%増から上方修正された。

GDPデフレーターについては、速報値の前期比0.1%増から同0.0%減とマイナスに修正された。

(御木本千春)