ピンクで丸みを帯びた女性らしいデザイン

写真拡大

雑貨や美容商材などを手がける405(横浜市)は2013年9月4日、痛みを感じにくいハンディタイプの脱毛器「デピタイム」を発売した。

熱レベルを3段階で調整

デピタイムは、熱を帯びたワイヤーでムダ毛を「焼く」脱毛器だ。毛抜きやカミソリを使った処理のように肌をいためる心配も少なく、痛みも感じにくいという。

高温を扱うということで安全に配慮しており、肌のコンディションに合わせて3段階の熱レベルを調整できたり、電源を入れただけでは熱が発生しないようにタッチセンサー機能も搭載したりしている。

どの方向に本体を向けても使用でき、かつ短いストロークにも対応しているので、様々な場所に生えているムダ毛を処理できる。

充電式のコードレスタイプで、出先でも使える。約90分の充電で最大使用可能時間は85分。

価格は1万3000円。