写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天証券は6日、2014年1月にスタートするNISA(少額投資非課税制度)において、2014年中にNISA口座内で顧客が取引する国内株式売買手数料を無料に、同様に海外ETF(米国・中国・アセアン)の買付時の取引手数料を全額キャッシュバックすると発表した。

楽天証券では、NISA口座を開設した顧客に対し、投資を始めるためのきっかけを作る取り組みとして、ネット証券で初という投資信託の買付代金を1000円分プレゼントする企画や、著名FPなどによるコラムの連載など、投資を応援する多くのプログラムを提供しているという。

このたび、NISA口座での取引をさらに促進するために、NISA口座内での国内株式売買手数料を買付、売付ともに無料にする。また、業界ナンバー1という取扱い本数である海外ETF(米国・中国・アセアン)の買付時の手数料を全額キャッシュバックし、こちらも実質無料とするという。

投資信託においても、業界屈指の本数となる350本以上のノーロード(手数料無料)投信を用意し、顧客がNISAで資産形成を行なう環境をさらに整備するとしている。

現在、楽天証券では9月30日までにNISA口座を申込み、2013年内に口座開設が完了した顧客の中から抽選で1213人に楽天市場や楽天トラベルで人気の商品が当るキャンペーンを実施している。

楽天証券では、これらのプログラムを実施することにより、すでに投資を実践している個人投資家だけでなく、これから投資を検討する初心者に対しても、将来の資産形成に役立てる機会を提供していくとしている。

○手数料無料の概要

国内株式(現物)手数料0円

・2014年のNISA口座内での国内株式(現物)取引の買付および売却時の手数料を一律、無料にする

海外ETF買付時手数料 実質無料

・対象となる取引-2014年のNISA口座内での海外ETF(米国・中国・アセアン)の買付時手数料

・手数料-実質無料(全額キャッシュバック)

通常時手数料(インターネット経由の注文時)

・米国株式 1000株まで26.25米ドル(1000株超:1株ごとに2.1米セント追加)

・中国株式 約定代金の0.525%(最低手数料525円、上限5250円)

・アセアン株式 約定代金の1.05%(最低手数料525円)

取扱い銘柄数

・米国上場ETF 126本

・中国上場ETF 41本

・香港上場ETF 61本

(金野和子)