写真提供:マイナビニュース

写真拡大

西武鉄道と西武プロパティーズはこのほど、西武池袋線石神井公園駅周辺で推進している開発エリアの名称を「エミナード石神井公園」とし、10月2日に1期を開業すると発表した。

「エミナード石神井公園」のテーマは「住んでいてよかった街、住んでみたくなる街へ」。鉄道高架化によって新たに創出されたスペースとその周辺において、衣・食・住と公共機能を備えたライフスタイル提案型の複合的なまちづくりを推進しているという。

1期では、9施設目となる駅ナカ商業施設「エミオ石神井公園」をはじめとした商業店舗と、時間貸し駐輪場「西武スマイルパーク」が開業。「エミオ石神井公園」にはスーパーマーケットや服飾雑貨・輸入食品・生花・カフェ・レストランなどの店舗をそろえ、駅利用者だけでなく近隣住民が集う場となる商業施設をめざす。

今後開発される2期(2014年度)・3期(2015年度)にも店舗の導入を予定しており、これらの店舗も含めて「エミオ石神井公園」として運営する予定。

「西武スマイルパーク」では、先行して開業している2施設に加え、「エミオ石神井公園」の店舗上部に、新たに611台分の駐輪場を整備。これにより、石神井公園駅周辺開発計画での駐車場・駐輪場整備計画(駐車場39台、駐輪場1,287台)が完了することになる。

(佐々木康弘)