″緊張して声が出ないとき″の対処法を専門家に聞いてみた

写真拡大

「声」にコンプレックスを持っている人は多い!

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

最近、松坂桃李さんが出演するガムのCMで「息はほぼ、顔」というキャッチフレーズをよく耳にしますが、それと同じように、実は「声もほぼ、顔」だということ、ご存知でしたか?声はその人の「顔」として、相手に自分をしっかり印象づけてしまいます。

そのように大事なコミュニケーション・ツールである「声」に、コンプレックスを持っている人は案外多いもの。

そこで今回は、声のプロフェッショナルであり『「魅せる声」のつくり方』(講談社ブルーバックス)の著者でもある篠原さなえさんにインタビューし、特に「人と話す時に、緊張してなかなかうまく声を出せない人たち」をメインターゲットに、その対処法や声の出し方のコツについて伺ってみました。

■■「一番大切なのは、自信を持つこと!」

 …篠原さんは今まで、さまざまな「声に関する悩み」を持つ人にお会いしてきたかと思いますが、その中には「人と話す時緊張してうまく声が出ない」という方も多かったですか?

「はい、多かったですね。人と話す時にうまく声が出ないという方は、つまり『話す時の印象をよくしたいけれども、出来ない』から悩み、悩んで緊張するから声が出なくなる訳です。ここでまず一番最初にしなければならないことは、声のトレーニングというようなテクニックの部分以前に、『自分に自信を持つこと』です。自分に自信がないから声も前に出ないし、何度も聞き返させるうちにどんどん引っ込み思案になったりしますよね」


……自信をつけるのには、どうすればいいでしょう?

「自信をつけるにはその人その人のやり方があっていいはずです。だから、別に声がガサガサのままでも、それでも元気に楽しくお話しできる人であればそれで全然かまわないし、いやな印象など受けませんよね。」


……喋ることに苦手意識を持ってしまうと、声にもよくないと聞きましたが?

「自分の声が嫌い・自信がないという人は、だんだん自分の声を聞くのもしゃべるのも嫌になって、ふと気がついたら、1週間誰ともしゃべらなかった…なんてこともあるかもしれません。でも『声も老化』するんですよ。しゃべらないと、声も通らなくなるし、出しにくくなってしまいます。

そもそもしゃべることっていうのは、すごくエネルギーのいることなんです。そして、そのエネルギーをいかに相手に伝えるかが大事です。その伝え方は人によってさまざまですから、何かひとつ……『声の響きをよくする』でも、『声が通る』でも、『聞きとりやすい声にする』でも何でもいいので、人とお話する時に自信が持てる何かで相手にエネルギーを伝えるのです。すると「元気で感じのいい人」と思ってもらえるわけです」

■■「声で人をイライラさせてしまう場合も!?」

……声でその人の印象が悪くなってしまう場合もあるんですよね!?

「印象が変わってしまう悪い例をいくつか出してみましょう。まず、声のものすごく小さい人って、聞いていてイライラしちゃいますよね。それから、声は出ているんだけれども、なんとなく『拡散する声』っていうのもあるんですよ。シュッと前に通らない、モア〜っとした声。そういう声の方って、なんとなく口元のあたりがゆるいんです。口角が下がっていたり、唇が厚くボヤーっとしていたりとかで…。やっぱり印象はあまりよくないですよね。
それと真逆で、やたらうるさいキンキン声も毛嫌いされがちです」

……そのような「自分の声のウィークポイント」を正確に把握していない人は、おそらく多いですよね?

「そうですね。自分の声の悩みを正確に把握していない人は、どこに気をつけるべきか、修正すべきかの焦点が合わせられないので、なかなか改善しにくいですね。

例えば、いわゆる『滑舌がはっきりしていない声』というのが皆さん悩みの種としてあるかと思いますが、一般の方の場合は、実は滑舌以前に『声が出ていない』ということも、多いのです。それなのに、肝心なことを改善しないで、無駄な努力をしてしまうから治らないのです。

また、吃音に悩んでいらっしゃる方も、最初にほんのちょっとしたウィークポイントを指摘されたことが、トラウマになっている場合が多いと思います。それを改善して自信が持てれば、吃音すら改善される可能性が高いのです。このように、元々にある原因を見つけ出し修正すれば、全体の印象がよくなり、悩みも解決されます。逆に言うと、根本原因を自分で把握できないと、いつまでたっても声に自信が持てないままになってしまうのです」

■■「相手の耳に届く声」を心がけよう!

……「声」や「話し方」で人にいい印象を与えるにはどうすればいいですか?

「初対面の方で印象が悪い場合というのは、おもに『耳に届かない声』です。だから、耳に届く声をどう作るかというのが重要です。それとに、声の高い低いは実は「良い印象」と関係ありません。声が低くたって、通る人は通る。つまり、声の高い低いは好みなんです。高い低いではなく、『伝わりにくい、キンキンしてイヤ、低すぎて聞こえない』などというマイナスの部分がなくなれば、あとはその人の個性ですから、気にする必要はありません。

つまり自分の一番マイナスのところを、プラスにとは言わないまでも、『普通』のところにもっていくだけでいいのです。ただし、ちょっぴりの努力は必要ですけどね」

■■「笑うツボ」を意識して声を出せばOK!

……声を出す時に気をつける「基本のキ」はなんですか?

「声を出す時に、『笑うツボ』を常に意識してみてください。これは、思いっきり笑いすぎた時に『痛い、苦しい、ヤメテー!』と感じる、力の入るお腹の部分です。この『笑うツボ』から声を出すと、ノドや口元からではなく、いい声が前にシュッと出てきますよ」

■■理想の「声」は作れる!

……ちなみに、自分の「声」は努力次第で変えられますか?

「声は作れます。そして、印象も、がらりと変えられます。本当に声の出ない人っていうのは、ノドのあたりから上だけで喋っているんです。でも、第一声、たとえば「おはようございます!!」っていう時に、しっかり『笑うツボ』を意識すれば、びっくりするほど明るい通る声が出ます。それだけで、『あ、このコ元気!』って思うじゃないですか(笑)だから、最低第一声だけでも意識するということが大切です。声の第一印象って、実は、そんなことで変わってしまうんです」

■■ノドの奥が締まったようになって声が出ないとき!!

……緊張でノドが締まったようになって声が思うように出ないとき、どうすればいいですか?

「声がでなくなる大きな原因の一つに、首にある『肩甲舌骨筋(けんこうぜっこつきん)』の緊張のさせ過ぎというものがあげられます。これは、舌骨から肩甲骨につながっている首にある筋肉なのですが、普段は隠れていてまったく見えません。


ところが、緊張状態に陥ると、そこにクッと力が入るタイプの人がいるのです。すると、普段はみえないその部分が、首筋にモコっと出てきます。

これが膨らむと、声帯を圧迫するような形になってしまうので、言ってみれば自分で自分の首を締めているような状態になるんです。それでノドが押しつぶされて、響きの悪い声になってしまうんです」

……首筋の「肩甲舌骨筋」が膨らむことによって声が圧迫されるとは知りませんでした! もしそうなったら、どうすればいいでしょう?

「こういう状態になってしまった人には、その部分をマッサージしてあげると、膨らんでいるのが元に戻ります。

だから、あまりに緊張して声が出ない!となってしまったときは、この筋肉をほぐしてあげればいいのです。ほかの筋肉を痛めないよう、ゆっくりと、しかし、少し強めに押してあげると楽になりますよ」

■■「面接」「プレゼン」の時の攻略法とは!?

……「面接」のとき、印象をよくしたり、気をつけるポイントはありますか?

「面接でどんな人を採りたいかといえば、やっぱり明るくてハキハキした人じゃないですか。それなら、『明るくてハキハキした声』を出せばいいわけです。

そのためには、『笑うツボ』を意識して、前にヒュっと声が出るようにすることと、『笑顔を作る』ことが重要です。ただし、「笑顔で」というと、単純に口を横に引っ張る人がたくさんいますが、どよーんとした表情のまま、口を横に引っ張っても、それは「笑顔」ではありませんよね。本当の笑顔とは、口より上の表情筋を「上」に持ち上げることで作られます。そうすれば自然に口角も上がります。

どうすれば、表情筋を上に持ち上げられるかというと、一番簡単なのは、「目で笑う」ことです。「目」がしっかり笑顔の「目」になれば、印象のいい自然な笑顔になります。「口で笑わず、目で笑う」「第一声を『笑うツボ』からしっかり出す」これで、印象は急上昇です」


……それでは、「プレゼン」のときはどうすればよいでしょうか?

「プレゼンの時は、落ち着いていた方がいいですよね。そうすると、『落ち着いた声』が欲しいところです。『落ち着いた声』には『アクセント』が重要になってきます。実は話すとき、『語尾』を落とすと、声が落ち着くんですよ。

日本語のアクセントは常に『高低』であって、『強弱』ではありません。単純に、高さの上げ下げをきちんとすればいいんです。自分がキンキンした声のタイプだな、と思ったら、落ち着いてきちんと伝えるためにしっかり語尾を落とす。

逆に自分が普段から覇気のない話し方だと思うタイプの人は、言葉の言い始めの 『上げるところ』をしっかり意識してください。

例えば、『それでは、始めさせていただきます』という言葉も、上げる部分、落とす部分を意識してメリハリをつければ、プレゼンにふさわしい落ち着いた話し方になります」

■■「声」はあくまで、相手があってこそのコミュニケーションツール!

……つまりシーン別の場合、「相手が誰なのか、何の目的なのか」によって、自分がどんな声を出すのがふさわしいかを考える必要があるということですかね。

「そうですね。結局『しゃべる』というのは、独り言ではなくて、相手が必ずいる訳じゃないですか。その相手と気持ちよくコミュニケーションが取れなければ意味がないんです。自分の発する声が、相手の好む声であれば一番理想ですし、また好む声ではなくともせめて、『イヤな気持ちにさせない』声であれば、それで十分です。あとは楽しく会話をしてください。自分が楽しくなければ相手も楽しくないですからね」

******

いかがでしたか。篠原さんの元には、声に悩みを持つ人、声のプロになりたい人、人前で話す必要がある人などさまざまな「声」に関する課題を抱えた方が集まるそうですが、「声」というひとつのコミュニケーション方法を磨いて行くことによって、自信がついたりなどし、人生が変わった方も多いそうです。

まさに「声」は、使い用です。「声」というツールを上手に使いこなして、人生を豊かにしていきたいものですね。

篠原さなえ(しのはら・さなえ)DJ・レポーター・番組司会アシスタント・アニメ声優を経て、スポーツ実況の道へ。野球や駅伝を実況中継をする女性として、パイオニアでもある。
ほかにも、スポーツ取材記事の執筆・野球番組のディレクターなど幅広くこなす。
現在は、バラエティや情報番組・CMなどのナレーション、また銀行ATMの機械の音声など、様々な「声」の仕事をする傍ら、新人への個人指導による教育活動も行っている。
その指導の中で生まれた、「声」に関する様々なノウハウを、「日本語の声の教科書」にしたいと著わしたのが『「魅せる声」のつくり方』であり、また、唇の使い方一つで声が変わる画期的なノウハウを記した本も11月に出版予定である。

「魅せる声」のつくり方紹介ページ [http://www.ne.jp/asahi/sanae/shinohara/narration-zemi-9.html]
声のビフォーアフター [http://www.youtube.com/watch?v=ujpIcCCHwXI&feature=youtu.be]
「魅せる声」のつくり方の内容説明ビデオ [http://www.youtube.com/watch?v=smTIgqTVIFY]
ブログ [http://sanaeshinohara.blog8.fc2.com/]

こちらのレポートもどうぞ!
安月給の原因はあなたの「考え方」にあった!『ずっと「安月給」の人の思考法』著者がズバリ解説 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16507 ]
【LINE】“既読”をつけずにメッセージを読む方法も! 意外と知らないウラ技集 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16733 ]
【節約】もう後悔しない! ムダな買い物を確実に減らす思考法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16688 ]
「仕事が上手くいっていない」ときに実践したい、上司・部下とのコミュニケーション法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16115 ]
知らないと損する!スマホの賢い節約術まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15789 ]