猫をこよなく愛する浪人剣士・斑目久太郎を演じる北村一輝/[C]2013「猫侍」製作委員会

写真拡大

寡黙な浪人ながら、猫にめっぽう弱い剣士・斑目久太郎の活躍を描く映画『猫侍』が、北村一輝主演で2014年春に公開されることが決定した。

【写真を見る】北村一輝も可愛い猫を前にお手上げ!?

本作は、普段は寡黙な浪人として人々に恐れられているものの、猫への愛情は人一倍強い剣士・久太郎の姿を描く時代劇だ。幕末、かつて畏怖され尊敬された剣客の久太郎は、今や浪人となり身をやつしていた。そんな困窮する斑目に、久々に依頼が舞い込む。それは、飼い主を骨抜きにする魔を持つという化け猫を斬れというものだった。だが、この小さな生き物との出会いが、男の小さな生活を変えていく。

出演は、北村の他、蓮佛美沙子、浅利陽介、戸次重幸、洞口依子、温水洋一、津田寛治、横山めぐみ、斎藤洋介、小野寺昭、寺脇康文など。日光江戸村の全面バックアップのもとで撮影された。

主演の北村は「剣の道でしか生きようとせず、自らを振り返ったことのない久太郎が、ある猫と出会うことで、初めて立ち止まり、振り返り、考える。その中で新しい何かを得ていく。今まで笑顔にもなったことのないような強面の侍が、成長していく物語です」と語る。続けて、「時代劇は小難しくて、ハードルが高いと思う方もいるかもしれませんが、『猫侍』は、笑えて、泣ける人間ドラマ。そして、可愛らしい猫の魅力も満載で描かれています。まず1話を見ていただければ、面白くて夢中になると思います。ふざけ過ぎだと思われるかもしれませんが(笑)」と、見どころを語った。

また、本作『幼獣マメシバ』(09)、『ねこタクシー』(10)と同じく、映画公開前にテレビドラマ版が10月から先行スタート。全国14局の地上波放送の他、BSフジ、スターキャスト、ひかりTVでも放送が決定している。ドラマ版では、北村以外のキャストを一新し、平田薫、水澤紳吾、佐藤誓、笠原紳司、ユキリョウイチ、川村亮介、本宮泰風、伊藤洋三郎、高橋かおり、横山めぐみらが出演する。実際にも猫好きという北村一輝。可愛い猫たちとどんな絡みを見せるのか楽しみにしたい。【Movie Walker】