<チキータ・クラシック 最終日◇8日◇リバーランカントリークラブ(7,321ヤード・パー72)>
 来季のシード権を争う入れ替え戦シリーズ第2戦「チキータ・クラシック」の最終日。トータル4アンダーの19位タイからスタートした石川遼が6バーディ・ノーボギーの“66”でスコアを6つ伸ばし、トータル10アンダーで単独5位に食い込んだ。
 来季のシード確保へ猛チャージを見せた。1番からスタートした石川は2番、3番と連続バーディで立ち上がると、6番パー5でもバーディを奪取。前半で3つスコアを伸ばし上位を猛追する。さらに、後半も13番、15番、17番とバーディを奪ってホールアウト時点では2位にまで浮上して見せた。
 この日の“66”はヒース・スローカム(米国)と並んでベストスコアタイ。最終順位5位はレギュラーシーズンを含めて今季ベストフィニッシュとなる。入れ替え戦シリーズは2試合が残っている。逆転での来季シードへ土壇場で光が差し込んだ。
 優勝はプレーオフを制したアンドリュー・スヴォボダ(米国)。2位にウィル・マッケンジー(米国)、トータル11アンダーの3位タイにベン・マーティン(米国)とジョン・ピーターソン(米国)が入った。
【最終結果】
優勝:アンドリュー・スヴォボダ(-12)※プレーオフ
2位:ウィル・マッケンジー(-12)
3位T:ベン・マーティン(-11)
3位T:ジョン・ピーターソン(-11)
5位:石川遼(-10)
6位T:リッキー・バーンズ(-9)
6位T:トロイ・マッテソン(-9)
8位T:ヒース・スローカム(-8)他5名
<ゴルフ情報ALBA.Net>