福助×more trees第2弾 エドツワキなどイラストが靴下に

写真拡大

 福助が、坂本龍一の呼びかけによって設立された森林保全団体「more trees(モア・トゥリーズ)」とのコラボレーションソックス第2弾を発表した。今回は、祐天寺に「星のアトリエ」を構えるミック・イタヤとこれまで250冊以上の書籍装丁画を手がけてきた松尾たいこ、首長の独特なフォルムの女性肖像画を描くエドツワキのイラストレーター3名によるデザイン。10月から、全国の有名百貨店や福助ウェブショップなどで取り扱いがスタートする予定だ。

福助×more trees第2弾の画像を拡大

 2013年春夏にデビューした「Fukuske×more trees(フクスケ×モア・トゥリーズ)」は、第1弾でスタイリストの祐真朋樹やデザイナー信國太志、アーティストの高橋理子ら異業種で活躍するクリエイター5名がメンズソックスをプロデュース。2013年秋冬に展開される第2弾では、第1弾から引き続き参加するビジュアルアーティストのミック・イタヤと、書籍装丁からCDジャケット、広告といった幅広い分野で活躍する松尾たいこ、モード・イラストレーターのエドツワキがユニセックスなデザインのソックスを手がけた。

 130周年を迎えた福助のチャリティプロジェクトとして立ち上げられた「Fukuske×more trees」は、土に埋めて自然に還すとバジルの芽が出るという種付き札(エコ・タッグ)が使用される。価格は1,575〜2,100円で、売り上げの一部は「more trees」に寄付され森林保全活動に役立てられる。

■Fukuske×more trees
 http://fukuske-moretrees.com/