アジア初のヴェルサーチ監修ホテル「パラッツォ」2017年開業へ

写真拡大

 Gianni Versace S.p.A.(以下、Versace)と香港・SJMホールディングスの子会社Sociedade de Jogos de Macau, S.A.(以下、SJM)がマカオで記者会見を行い、現地・コタイ地区に設立予定の「VERSACE」プロデュースによるホテル「Palazzo Versace Macau(パラッツォ・ヴェルサーチ・マカオ)」について、2017年のオープンを目指し数ヶ月内に着工することを発表した。同ホテルはアジアで初めての「Palazzo Versace」になり、ファッションハウスが手掛けるマカオで唯一の5ツ星ラグジュアリーホテルになるという。

マカオのヴェルサーチ・ホテルは2017年開業の画像を拡大

 「Palazzo Versace Macau」は、SJMがマカオに建築中のカジノリゾート内に位置する20階建てビルの中に270部屋を設け、総面積は34,000平方メートルを予定。開発や運営はSJMが行うが、全ゲストルームと共有エリアのデザインやアメニティといった全体のアートディレクションは「VERSACE」が手掛ける。ホテルにはスイートルームを含めた客室やレストランのほか、スパ、屋内外のプール、ショップングエリアに加えて、Palazzo Versace特有の施設を併設する計画だという。「Palazzo Versace Macau」限定の「VERSACE」ラインの販売も予定されている。

 VersaceのCEOを務めるGian Giacomo Ferraris(ジャン・ジャコモ・フェラリス)は会見で、「Versaceにとって重要なマーケットであるアジアの中でPalazzo Versace Macauは、ブランドの価値や勢いをアジアのマーケットに拡げていく『窓』のような存在になると思います」とコメント。またSJM最高責任者のアンブローズ・ソウは、「VERSACEの世界観を象徴するPalazzo Versace Macauは、ゲストに最高のホスピタリティを提供するだけではなく、世界的な観光地としてマカオの立場を強化していくことになるでしょう」と発表している。