<フジサンケイクラシック 最終日◇8日◇富士桜カントリー倶楽部(7,437ヤード・パー71)>
 「フジサンケイクラシック」はプレーオフの末松山英樹の優勝で幕を閉じた。しかし、松山、S・J・パク(韓国)、横尾要の最終組は不協和音が響く中のプレーだった。
松山英樹、劇的Vでファンに惜別「PGAツアーでも応援を」
 始まりは9番だ。ティグラウンドに向かう際に横尾に競技委員が近づいて「11分遅れています」とスロープレーによる注意を受けた。横尾は「5番のティグラウンドで(前の組が詰まって)待ってるのに遅れてるって言い方はないでしょ」と納得はいかなかったものの、しぶしぶ走りだした。
 しかし、同伴の松山、パクにも同様の注意がなされたにもかかわらず2人は一向にペースアップしなかった。これを見かねた横尾は10番で競技委員に「誰が遅いか計測してくれ」と詰め寄ったが、競技委員は明確な態度を示すことなくプレーは続行。結局2人のプレースピードは最後まで上がらず、一人急いでイライラを募らせた横尾が割を食った形となった。
 トータル7アンダーの6位タイに終わった横尾は「言い訳になるからあんまり書いてほしくない」としながらも、憤りを隠さなかった。
 「今の若いやつはみんな遅いよ。ホールアウトしたら言ってやろうと思ったけど、プレーオフになっちゃったからね」と同伴の2人のスピードの遅さにも言及しつつ、運営側の態度も問題視。「日本の競技委員は甘い。あんなのアメリカだったらすぐにペナルティ。日本ではあれを見逃しているから、松山が全英でスロープレーをとられたりするんだよ」とスロープレーの原因は厳正に対処しない運営側にもあるとした。
 学生時代から体育会の厳しい上下社会の中で育ってきた横尾にしてみれば、若手がプレーを早くするのは当たり前だった。もちろん、育ってきた環境の違う若い世代とのジェネレーションギャップはあるにせよ、プレーファーストは世代共通の大原則の一つだ。
 スロープレーをする選手が悪いのか、そうさせる運営が悪いのか。ただ、時間をかけるところ、かけないところをプレーヤーが判断し、遅れたものに関しては罰則を適用していく。世界のゴルフ界で当たり前にやっていることを日本でもやっていかなければ、世界との差は広がっていくばかりだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
2020年東京五輪決定!ゴルフ会場は霞ヶ関カンツリー倶楽部
遼、4アンダー19位タイに浮上して最終日へ!
横尾要、首位タイも弱気の虫は年齢のせい?
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング