<フジサンケイクラシック 最終日◇8日◇富士桜カントリー倶楽部(7,437ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」の最終日。4打のリードを持ちながら後続に追いつかれプレーオフで苦しみながら今季3勝目を手にした松山英樹は、「こんなものです。この調子なりのスコアが出てしまった」と照れくさそうに語った。
松山英樹のホールバイホールはここからチェック
 正規のラウンドでは序盤から足踏みが続き、同組のS・J・パク(韓国)の追い上げにさらされた。調子が上がらない中で14番でバーディを奪い後続を引き離したかに思えたが、16番パー3ではティショットをダフって池ポチャ。最終ホール前には再び1打のリードを奪ったが、ここでは1メートルのウィニングパットがカップに蹴られて天を仰いだ。
 この日は3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“73”。トータル9アンダーで谷原秀人、S・J・パクと並び、勝負は3人によるプレーオフに突入した。
 それでも、プレーオフに入ると怪物の目の色が変わった。「プレーオフになったら勝つか負けるかなんで、逆に開き直れた」。キャディの進藤大典氏からは、人気ドラマ半沢直樹で上戸彩演じる妻・花の名言を引用して「ぜってぇ負けんじゃねぇぞ!」とゲキを飛ばされティグラウンドへ。1ホール目は全員パーで迎えた2ホール目。先にセカンドを放ったパクのボールは1.5メートルのバーディチャンス。
 「最初は左の傾斜で寄せてワンピンくらいにつけられればと思っていたけど、SJがチャンスにつけたのが分かったので、その内側につけてやろうと思って打った」。松山のボールは幾多のドラマを演出してきた富士桜18番の左バンカー。195ヤード先のピンを狙って6番アイアンを振りぬくと、その思い通りの軌跡を描いたボールはピン左奥1メートルにピタリ。これを沈めて激闘に終止符を打った。
 5月の「日本プロ日清カップ」では、今回と同じく4打のリードを持って最終日を迎えたがスコアを崩して優勝を逃した。この日も「18ホールが不甲斐なさ過ぎた」と調子を崩し悪夢再現かと思われたが、「今回は持ちこたえられた。気持ちを切らさずできたのは成長したと思う」と苦しみながらも優勝につなげたことには満足感を示した。
 プレーオフに入ると富士桜CCには大粒の雨が落ちた。それでも18番グリーンを取り囲んだ大ギャラリーは、本州では渡米前最後のプレーとなる21歳から目を離すことはなかった。多くの歓声に後押しされた松山は「10月からアメリカに行ってきます。PGAツアーでも応援お願いします」としばらく留守にする本州のファンに惜別の挨拶。富士のふもとに降った雨と、満開に開いた傘の花が怪物の船出を彩った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
圧巻!松山英樹、今季3勝目へ2位に4打差独走態勢
片山晋呉、ダブルボギー先行も盛り返し2位タイ
遼、4アンダー19位タイに浮上して最終日へ!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング