田舎で稼ぐ1万円も都会で稼ぐ1万円も同じ、という石原さん。レッドさんの反応は?

写真拡大

新米大家のレッド吉田さんが、百戦錬磨の先輩投資家から、賃貸経営の極意を学ぶ本連載。今回のゲストは、平均利回り20%という高利回り中古アパートへの投資を軸に、約3800万円の家賃収入を得る石原博光さんです。起業家、そして著述家としても活躍する石原さんに、叶えられない夢はない?! 石原さんの次の夢やお金を稼ぐためのゲン担ぎまで幅広く語り合った対談の第4弾。

[参考記事]
レッド吉田さん vs 石原博光さん
●利回り20%を実現するカリスマ大家が不動産投資を始めた理由
●不動産投資も芸能界もリスクの先に見えてくる景色がある!
●不動産投資で銀行から借りた金利は下がるものではなく、下げるもの

購入の基準は「表面利回りから金利を引いて12%以上」

レッド吉田さん(以下、レッド) 石原さんの物件は利回りはどれくらいあるんですか?

石原博光さん(以下、石原) 僕は地方の古いアパートをターゲットにしているので、表面利回りから金利を引いて、12%以上というのを一つの目安にしています。

レッド 金利分を引いて利回り12%というと、かなり競争が激しいんじゃないですか?

石原 そんなことありませんよ。田舎は最初から選択肢から外している人も多いですし、プライドが高い人は、ボロ物件を選びませんから。僕は都会の1万円も田舎の1万円も同じだと思うんですが、大家さんには都会でとれた1万円の方が価値があると考える人が意外と多いんです。都会に物件を持つ方が自尊心が満たされるんでしょうね。

レッド なるほど。みんなが狙わないような場所で高利回りのアパートを買っていく作戦なんですね。

石原 そうです。そんなの資産価値がないからダメだという人もいますが、僕は「資産」を作るのは投資の第2フェーズに入ってからでいいと考えています。最初は格好悪くてもいいから、お金を作りだす仕組みを手に入れることが大事。それができたら、次の段階で資産を買っていけばいいんです

レッド 地方のボロ物件でも融資はつくんですか?


石原 知人で、年収300万円で自己資金が50万円しかなかったのに、アパートを1棟買っている人がいます。そのアパートからの収益を合わせて翌年にもう1棟買って、今ではサラリーマンしながら2棟の大家さんです。利益の出る物件なら、貸すところはあるんですよ。それに、高利回りの物件なら、5年とか10年で無借金になりますから、それを担保にして次の物件を買うこともできます。まとまったお金がないといってFXや株に進む人が多いですが、お金を理由に不動産投資をあきらめる必要はないと思いますね。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)