写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本はこのほど、50歳以上を対象にした「大人の休日倶楽部」の会員向けに、スマートフォンやタブレット端末の活用に関するセミナーを開催すると発表した。

第1弾として、スマートフォンの初心者向けに具体的な操作法を解説するセミナーを、今月10日に都内のステーションコンファレンス万世橋で開催。新潟、秋田、盛岡、甲府など東日本エリア各地でも順次開催する計画という。

セミナーでは、NTTドコモとの連携により、「旅がもっと楽しくなる、らくらくスマートフォン講座」と題して実施。電話のかけ方やタッチパネルの操作方法などの基本操作から始まり、観光スポットの情報収集やモバイルSuicaの活用方法など、旅に出かけるまでの活用方法や、地図の使い方・写真の撮り方・写真付きメールの送り方といった旅先での活用方法まで、実践的に解説する。受講料は当分の間無料とのこと。

JR東日本ではセミナーの開催に加え、スマートフォンやタブレットを活用した会員向け旅行の企画などを検討中。旅との親和性の高いスマートフォンの活用方法をシニア層に提案するべく、今後もNTTドコモと共同で検討を進めていくとしている。

(佐々木康弘)