写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロとセブン&アイ・ホールディングスは、無料Wi-Fiのコンテンツ配信サービスでの提携と発表した。9月12日以降、東京メトロの情報配信サービス「MANTA」とセブン&アイ・ホールディングスの無料Wi-Fiサービス「セブンスポット」の相互利用を開始する。

鉄道会社と小売業が無料Wi-Fiのコンテンツ配信サービスで提携するのは、今回の取組みが初めて。利用者の多い「駅」と、セブン&アイ・ホールディングスの全国に広がる店舗ネットワークを活用した情報発信により、駅利用者や消費者の利便性向上を図るのが目的という。

相互利用の開始により、「MANTA」「セブンスポット」それぞれの会員は、現在のIDとパスワードで両方のサービスにログイン可能に。東京メトロ駅構内の「MANTA」では、「セブンスポット」と連動したスタンプラリー企画を実施するほか、セブン&アイ・ホールディングス各社の店舗で利用可能なクーポン、通販サイト「セブンネットショッピング」と連携したエンタメコンテンツなどの配信を開始する。

サービスの利用方法など、詳細は「セブンスポット」ウェブサイトならびに東京メトロ公式サイトに順次掲載されるとのこと。

(佐々木康弘)