写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロ丸ノ内線東京駅コンコース(大手町寄り)にこのほど、SIMフリー携帯電話専門店「Wasabee(ワサビー)」がオープンした。SIMフリー携帯電話専門店の駅ナカへの出店は国内初だという。

「SIMフリー携帯電話」とは、携帯電話の契約者情報を記録したSIMカードの種類を選ばずに使える携帯電話のこと。携帯電話はSIMカードを差し込まないと使用できないが、従来の国内携帯電話機ではキャリアごとに決まったSIMカードだけが利用できる機能が組み込まれていた(SIMロック)。一方、SIMフリー携帯電話ではSIMカードを自由に替えられるため、海外に行った際に訪問先の国の携帯電話キャリアのSIMカードを購入することで、訪問先国内の電話料金で携帯電話の利用が可能になるという。

このほどオープンした「Wasabee」は、SIMフリー携帯電話・スマートフォン・SIMカードの販売、iPhoneの修理や各種設定サービスなどを提供するショップ。東京メトロでは、海外に出かける日本人や来日した外国人の間でこれらのニーズが急増している状況を踏まえ、利用者の多い東京駅に同店舗をオープン。利用者の新たなニーズに応えることで、駅の利便性をさらに向上させたい考えだ。

「Wasabee」の営業時間は、平日8:00〜20:00、土曜10:00〜18:00。日曜と祝日は休業。オープンを記念し、商品購入者先着500名に東京メトロ記念品をプレゼントするほか、携帯電話・スマートフォン本体の購入者にUSB電源アダプタをプレゼントするなどのキャンペーンを9月30日まで実施する。

(佐々木康弘)