一気に首位の仲間入り!好調吉田弓美子、今季3勝目なるか!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント 2日目◇7日◇アルペンゴルフクラブ・美唄コース(6,364ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」の2日目。首位と2打差の8位タイからスタートした吉田弓美子が5バーディ1ボギーの“68”をマーク。トータルスコアを7アンダーとしてアン・ソンジュ(韓国)、佐伯三貴と並ぶ首位タイに浮上した。
好調の吉田弓美子、賞金女王レースに「私も仲間に入れて」
 初日ノーボギーのゴルフを展開した吉田はこの日も安定したゴルフを披露。前半2つのバーディを奪って着実にスコアを伸ばすと、後半も3つのバーディを奪って一時トータル8アンダーの単独首位に浮上した。しかし最終18番ではティショットを左のラフに入れるミスから、今大会初のボギーを喫してホールアウト。スコアを1つ落とした形だが、それでも首位タイで最終日を迎えることになった。
 安定したゴルフを展開している吉田だが、それでもショットの調子は「まだちょっと不安定」と話す。初日よりは幾分修正できてきたようだが、好調時と比較するとまだ完全とは言えない状態だ。しかし対照的にパッティングは引き続き好調で、この日も8メートルのバーディパットを沈めるなど吉田の好調なゴルフを支えている。もともと吉田はパッティングはやや不得意でショットで勝負するタイプのゴルファーだが、「狙ったところに打てれば入ると思えます」と話すなど今大会ではパッティングに絶対の自信を持ってプレーしている。
 今季3勝目へ向けて最高の位置で最終日を迎えることになった吉田だが、「このショットの調子だと厳しいかな」とやや後ろ向き。しかし最後は「でもせっかくのチャンスを無駄にしないように終わりたい」と表情を引き締めた。吉田は最終日、同じ首位タイのアン、佐伯と共に最終組でプレーする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
“大偉業”に挑戦するアン・ソンジュ「自信はちょっと持ってる」
LIVEPHOTOで「ゴルフ5レディス」を2日目をプレーバック!
松山英樹の3日目のプレーはここでチェック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング