<フジサンケイクラシック 3日目◇7日◇富士桜カントリー倶楽部(7,437ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」の3日目。2日目苦しみながらも首位タイに並んだ松山英樹は、前日とは打って変わり安定したゴルフを展開。5バーディ・ノーボギーの“66”でラウンド、5つスコアを伸ばし通算11アンダーで単独首位に立ち、今季3勝目に王手をかけた。
 この日松山は5つのバーディを奪い単独首位に立った。まず序盤の3番パー5でこの日1つ目のバーディを奪う。2つ目のバーディは富士桜最難関の5番。後半11、12番連続バーディで4つ目。そして5個目は17番。565ヤードロングのパー5を2オンさせイーグルチャンスにつける。そのイーグルパットは外すも返しをきっちり決め楽々バーディを奪い通算11アンダーとした。この日はその5つのバーディ以外でもパーオン連発、ピンチらしいピンチがないまま3日目をホールアウトした。
 前日ショットとパットが噛み合わずスコアメイクに苦しんだ松山。依然パットには苦しんでいるが、明日はアジャストしてくるはず。2位と4打差をつけて最終日に臨む松山、復帰戦でいきなりの優勝となるか。
 4打差の通算7アンダー2位タイにはS・J・パク(韓国)、横尾要、片山晋呉、谷原秀人、イ・ヒュンジュン(韓国)の5人が並んだ。
 【3日目の結果】
1位:松山英樹(-11)
2位T:S・J・パク(-7)
2位T:横尾要(-7)
2位T:片山晋呉(-7)
2位T:谷原秀人(-7)
2位T:イ・ヒュンジュン(-7)
7位T:川村昌弘(-6)
7位T:中島マサオ(-6)
9位T:上平栄道(-5)
9位T:岩田寛(-5)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、首位タイに浮上!賞金王戴冠へ監督から2連勝指令
横尾要、首位タイも弱気の虫は年齢のせい?
松山英樹の3日目のプレーはここでチェック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング