●いつかくるその日まで、なので

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会

<キャスト>
沢渡楓:竹達彩奈
塙かおる:阿澄佳奈
桜田麻音:儀武ゆう子
岡崎のりえ:井口裕香
三谷かなえ:茅野愛衣
ももねこ様:福井裕佳梨
三次ちひろ:寿美菜子
志保美りほ:葉月絵理乃
沢渡珠恵:緒方恵美
沢渡香:宮本佳那子
楓の祖母:松尾佳子
塙さよみ:大原さやか
篠田こまち:広橋涼
八色ちも(ほぼろ店主):松来未祐
マエストロ(写真館店主):中田譲治
下上山むつこ:西村ちなみ
ともちゃん:東山奈央
堂郷 和太郎:間島淳司
はるみ:矢作紗央里
夏目望:緑川光
麻音の父:古川登志夫
麻音の母:平野文

●ストーリー
写真が大好きな高校生沢渡楓。
高校入学を機に、横須賀市汐入から父親との想い出の町、
竹原に引っ越してきてから1年が経ち、この春高校2年生になります。
写真は心と心を繋ぐもの。そう教えてくれた父親の形見のカメラで新しく出会った友達やいろんな人たちとたくさんの写真を撮ってきました。
そんな写真を通じて、この町で出会った素敵な想い出の数々・・・、もっともっとそんな想い出を作りたいという思いを胸に、楓は新たなチャレンジを始めます。
それは写真部を作ること。古い町並み、美しい海と島々、あたたかな人たちに囲まれた高校生たちの生活を描く心温まる優しい時間が流れる物語。

※第2期です!
●三谷かなえ、寂寥の感あり
三谷かなえは高校3年生、そして夏休みも終わり彼女の進学(大学進学希望のようです)準備も本格化する頃。そんなとき撮影した写真を眺めていると、それらが何処か遠くにあるように感じてしまいます。

そして志保美りほの写真展参加ももうすぐ。三谷かなえにとって写真部では最後の大きなイベント。それが少し寂しいようでもあり…。
●撮影旅行
三谷かなえ「ぽって部長!みんなで撮影旅行へ行きませんか?」

三谷かなえにとって少し早目の卒業旅行も兼ねた撮影旅行。そして第2回「私たち展」も開催決定となり、離島にある桜田麻音の実家の旅館へ宿泊する運びとなりました。

※ちなみに沢渡香は篠田こまちとサッカー観戦へ行く事に!

岡崎のりえ「こまっしゃくれめ!」

岡崎のりえが暴れたため、お香で眠らせる塙かおる。

そうして撮影旅行へ向かう5人。

※ちなみに桜田麻音の両親役の声優は古川登志夫さんと平野文さん。TVアニメ「うる星やつら」で懐かしの2人、泣かせる演出ですね!
●きっかけ
島内を散策する沢渡楓と三谷かなえ。持参してきたフィルムもあっという間に使い切り…。

三谷かなえ「ぽって部長が写真をはじめたきっかけは?」

沢渡楓が写真をはじめたきっかけ、それは亡き父が何気ない風景写真を撮影していたのを見て、何をしているのか不思議に思えたから。

何かをはじめるにはきっかけがあり、それらを目指しているようです。

三谷かなえ「私にはきっかけも目指すものもない。からっぽだ。卒業したくない…。」
●新しい一歩
三谷かなえが悩んでいるときに桜田麻音の両親から色々と話を聞く事に。

麻音は自分の意志で島の外の高校へと進学、それが彼女にとっての潮の向きが変わったとき。そして今の彼女は潮待ち。

今の三谷かなえは潮待ちのときなのかもしれません。

島にある劇場「乙女座」、そこで桜田麻音が島の外の高校へと進学しようと決めたきっかけの女性歌手と出会います。彼女を見て、

三谷かなえ「私のきっかけ、あった。」

三谷かなえのきっかけ、それは高校3年生で写真部へ入部した事。その一歩は少々勇気が必要だったけど…。

卒業してからの新しい一歩、それを決めるきっかけも見えてきたようです。

「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」第9話「夏目友人帳」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」第8話「大切な秘密基地、なので」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」第7話「汐入物語」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」第6話「懐かしの…、はじめまして!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」第5話「桜を追って」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」TVアニメ公式Webサイト
「たまゆら〜もあぐれっしぶ〜」AT-X公式Webサイト