「クレヨンしんちゃん」連載中の「月刊まんがタウン」公式サイト

写真拡大

 来年4月公開される映画『クレヨンしんちゃん』最新作のコミック版『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』が、5日より発売中の『月刊まんがタウン』10月号(双葉社)で連載開始。主人公・野原しんのすけの父親・ひろしがロボットに改造されてしまう衝撃的なストーリーとなっている。

 映画『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』では、体験エステに行ったひろしがなんとロボットになって帰ってくる。邪険に扱われる世の父親たちと、それを嘆く謎の老人も登場。父親がロボットに変貌してしまった野原家の行く末を、アニメ『天元突破グレンラガン』や特撮『仮面ライダーフォーゼ』の脚本を手がけた中島かずき氏が描く。作画は相庭健太氏が担当。中島かずき氏は、今回のコミカライズについて、「ほんとにひろしがロボになるかどうか、確認してみて下さい」とTwitterに投稿している。

 初回は一挙32ページ掲載。同誌表紙は、微笑むロボットひろしと、「父ちゃんがロボットになったゾ!!」と目を輝かせるしんのすけのイラストとなっている。

 『クレヨンしんちゃん』は、1990年より連載開始。2010年に作者・臼井儀人氏が死去、現在はアシスタントらが『新クレヨンしんちゃん』のタイトルで連載を続けている。