宮崎駿監督、引退会見にて

写真拡大

[シネママニエラ]宮崎駿監督が2013年9月6日、引退会見を行った。この会見には、株式会社スタジオジブリの星野康二代表取締役社長、鈴木敏夫代表取締役プロデューサーも同席した。

異例の1時間半超に渡る会見には、海外の13か国・地域のメディアも参加し、テレビカメラ70台、総勢605名が集った。宮崎監督の「この世界は生きるに値するという思いを根幹のテーマにして創作に邁進してきた」。「僕の長編アニメの時代は終わった」という発言など印象深い言葉の数々が語られた。司会進行は星野社長が担い、会見終了時には深々と頭を下げた。そして、宮崎監督は鈴木プロデューサー、星野社長とがっちりと握手! 清々しい表情で会場を後にした。

宮崎駿、公式引退の辞(全文)

ぼくは、あと10年は仕事をしたいと考えています。自宅と仕事場を自分で運転して往復できる間は、仕事をつづけたいのです。その目安を一応“あと10年”としました。
もっと短かくなるかもしれませんが、それは寿命が決めることなので、あくまでも目安の10年です。
ぼくは長編アニメーションを作りたいと願い、作って来た人間ですが、作品と作品の間がずんずん開いていくのをどうすることもできませんでした。要するにノロマになっていくばかりでした。
鈴木敏夫、宮崎駿『風立ちぬ』は前作から5年かかっています。次は6年か7年か……それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果たされてしまいます。
長編アニメーションではなくても、やってみたいことや試したいことがいろいろあります。やらなければと思っていることーー例えばジブリ美術館の展示ーーも課題は山ほどあります。
これ等は、ほとんどがやってもやらなくてもスタジオに迷惑のかかることではないのです。ただ家族には今までと同じような迷惑をかけることになりますが。
それで、スタジオジブリのプログラムから、僕をはずしてもらうことにしました。
ぼくは自由です。といって、日常の生活は少しも変わらず、毎日同じ道をかようでしょう。土曜日を休めるようになるのが夢ですが、そうなるかどうかは、まぁ、やってみないと判りません。
ありがとうございました。


こちらの宮崎駿監督「僕の長編アニメの時代は終わった」、引退の辞(全文) 続きはシネママニエラにて


南樹里のシネママニエラ

会見レポートは改めて掲載します。