<フジサンケイクラシック 2日目◇6日◇富士桜カントリー倶楽部(7,437ヤード・パー71)>
 首位と1打差の2位タイからスタートした松山英樹は3バーディ・2ボギーの“70”とこの日はスコアを1つ伸ばすにとどまったものの、その他の多くの選手のスコアも同様に伸び悩んだためトータル6アンダーで首位タイに浮上。2週間のオフを経て迎えた国内復帰戦で最高の位置につけて決勝ラウンドを迎えることとなった。
「フジサンケイクラシック」松山英樹のの2日目のプレーはここでチェック!
 苦しいラウンドだった。前半はショットに苦しみクラブから手を離す場面が多く、6番、7番の連続ボギーでスコアを落とした。ハーフターン時の約1時間のインターバルで「考えたことがあった」とショットを修正して後半は多くチャンスを作ったものの、今度はパットが決まらない。11番、12番、14番といずれも2メートル以内のチャンスを決めきれず天を仰いだ。
 それでも、終盤15番、17番と2つのパー5でバーディを奪って6アンダーでホールアウト。「ロング2つでアプローチを寄せてバーディを獲れたので良かった。これが今の自分の調子なので、割り切ってやっていた」。かみ合わないショット、パットにストレスを感じながらも粘り強くスコアを作り、「苦しい内容でも粘ってこの位置にいられるのは成長しているのかなと思う」とうなずいた。
 ホールアウト後、東北福祉大ゴルフ部の阿部監督からは「(10月の渡米前は)あと2試合しか出ないんだから2試合勝ってからアメリカに行け!」と今大会とANAオープンでの優勝指令が下った。これを聞いた松山は「言うのは簡単ですけど、やるのは大変なんですよ〜」とはぐらかしながらも、その表情にはまんざらでもない笑みが浮かんだ。
 仮にこの2試合優勝すれば4,400万円を加算して獲得賞金は約1億7,395万円となり、史上初のルーキーイヤーでの賞金王に限りなく近づくこととなる。「明日は優勝を狙える位置にいることが大事」。今の松山ならば2連勝を置き土産に渡米することも夢物語ではない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、日本復帰戦でいきなり2位発進!光ったリカバリー力
遼、入れ替え戦第2戦は2アンダー15位タイ発進!
松山英樹の2日目のプレーはここでチェック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング