優待新設を発表した8月26日以降、株価が急上昇したデリカフーズ(3392)

写真拡大

 前回記事(9月の注目株主優待)で取り上げたとおり、9月の権利確定銘柄では新たに株主優待を導入した企業が複数あった。また、9月銘柄に限らず、今年は優待を新設する企業が多いようだ。

 優待新設が発表されると、投資家の注目が集まり株価が大きく上昇するケースも少なくない。たとえば、8月26日後場中に優待新設を発表したデリカフーズ(3392)。発表前日25日の終値に比べて、翌26日の終値は約12%上昇した。

 また、優待の再開や拡充のニュースも株価に影響する場合がある。9月銘柄では、ジャパン・フード&リカー(2538)が8月9日に優待の再開を発表。株価は発表日以降、一時29%も値上がりした(9月3日終値時点では発表日から19%上昇)。

 つまり、早めに情報をつかんで早めに仕込んでおくことで、優待に加えて値上がり益を獲得できる可能性も高くなる、というわけだ。

 もちろん、優待新設や再開、拡充のニュースが出ても、必ず株価が上がるわけではない。株価がほとんど反応しないこともあるし、発表直後に大きく上がっても優待実施月までの時間が長ければ、その後の材料や相場で株価が下がってしまうというケースもある。

 それでも、優待関連の情報をスピーディに入手することは、メリットのほうが大きいだろう。少なくとも、「新設を知っていれば買いたかったのに、気づいたら最終売買日を過ぎていた」なんていう失敗はなくなるはずだ。

 では、優待関連のニュースを素早く手に入れるにはどうすればよいだろうか?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)