日本赤十字社とAKB48がコラボしたオリジナル製品

写真拡大

日本赤十字社は2013年9月8日、お台場「ダイバーシティ東京プラザ」フェスティバル広場(江東区)で、一次救命処置の実演と来場者への体験指導ワークショップを行う。

タレント佐藤弘道さんも参加

9月9日の「救急の日」を前に、厚生労働省などが主催する「救急の日2013」で行われるこのイベントは、救急隊が到着するまでに一次救命処置(心肺蘇生とAED)を行うと、救命率の向上に効果があることの知識などを、多くの来場者に知ってもらうことが狙い。一次救命処置の実演や体験指導は1回目、10時30分〜11時15分。2回目、16時00分〜16時45分。タレントの佐藤弘道さんと同社社員とのトーク&救命処置体験は13時00分〜14時00分に行われる。

来場者には、日本赤十字社のオフィシャルメッセンジャーであるAKB48の下敷きを、さらにワークショップへの参加者にはAKB48のノートを全員にプレゼント。予定配付数に達し次第、終了する。