『第35回ぴあフィルムフェスティバル』ポスタービジュアル

写真拡大

映画祭『第35回ぴあフィルムフェスティバル』が、9月14日から東京・渋谷のシネクイントで開催される。

【もっと写真を見る】

1977年に「映画の新しい才能の発見と育成」をテーマに掲げてスタートしたPFF。若手映画監督の登竜門として知られる自主制作映画のコンペティション部門「PFFアワード2013」では、511作品から選ばれた入選作品16本が上映され、東京会場の最終日となる9月20日にグランプリなど各賞が発表される。最終審査員を務めるのは、映画プロデューサーの安藤親弘、映画監督の橋本一、中村義洋、アナウンサーの中井美穂、俳優の森山未來。

また、招待作品部門では「連続講座 映画監督になる5つの方法」と題したプログラムを展開。映画を作り続けるための様々な方法を、「配信という方法」「自主制作体制を極める」「低予算映画のつくりかた」といったテーマに沿った作品上映をはじめ、監督やプロデューサーを招いたトークなどから探っていく。特集上映「素晴らしい特撮の世界」では、今年5月に逝去した特撮監督のレイ・ハリーハウゼンの追悼企画をはじめ、特撮監督の尾上克郎や映画監督の樋口真嗣、犬童一心、落語家の柳家喬太郎らが出演する招待制の講座『今、改めて特撮』も開催される。参加方法やプログラムの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

なお、同フェスティバルは11月12日から愛知・名古屋の愛知芸術文化センター、11月に京都の京都シネマ、12月に神戸アートビレッジセンター、2014年4月に福岡・福岡市総合図書館でも開催される。