Yahoo!が楽天とクレジットカードで全面対決! Tポイントとの統合で利便性が大幅アップした Yahoo!カードと楽天カードはどっちが得か?

 今年、サービス開始10周を迎え、年会員数4644万人(2013年8月時点)、提携店舗数6万店以上の日本最大のポイントに成長した「Tポイント」が、さらにその勢いを増している。

 昨年6月、「Tポイント」を発行するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は、日本最大のポータルサイトを運営する「Yahoo! JAPAN」と戦略的資本・業務提携を行うことを発表し、今年7月1日には「Yahoo!ポイント」が「Tポイント」に統合された。

 来年秋から国内最大のオンラインショッピングモール「楽天」が「楽天スーパーポイント」をリアル店舗にも進出させるとアナウンスしているが、それよりも一足早く、Yahoo! JAPANは「Tポイント」でネットとリアルを横断するポイントサービスに乗り出した格好となる。

「Yahoo!ポイント」と「Tポイント」の統合で
「Yahoo! JAPAN JCBカード」の使い勝手がよくなった!

「Yahoo!ポイント」が「Tポイント」と統合したことによって魅力が増したのが、これまでは利用することで「Yahoo!ポイント」が貯まっていたクレジットカードだ。

 今後はクレジットカードを利用することで「Yahoo!ポイント」ではなく「Tポイント」が貯まることになり、その使い道はネットだけでなく、リアル店舗にまで拡大したことになる。

 その中でもYahoo!カードが昨年7月に発行した「Yahoo! JAPAN JCBカード」は通常の還元率が1%と、一般的なクレジットカードの還元率0.5%の2倍。年会費も初年度無料、2年目以降は1250円(税抜)だが前年度20万円以上の利用で無料となるので、それほどクレジットカードを利用しない人でも年会費は実質無料にできるだろう。

■Yahoo! JAPAN JCBカード
還元率 1%〜
発行元 Yahoo!カード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円(20万円以上で次年度無料)
家族カード あり(初年度無料、2年目以降400円(税抜)。本会員が年会費無料の条件を満たせば家族会員も無料)
ポイント付与対象の
電子マネー

 全国6万店以上の「Tポイント」の提携店舗で利用する際に「Tポイントカード」を提示すれば、「Tポイントカード」に100円で1ポイント(※)、「Yahoo! JAPAN JCBカード」の決済分1%と合計すると還元率は2%になるのは魅力的だ(※100円で1ポイント付与の店舗の場合)。

毎週土曜日にYahoo!ショッピングで利用すれば最大5%還元!

 さらに、「Yahoo!ショッピング」をスマートフォンから利用すれば、通常でも還元率2%(+通常のストアポイント1%還元で合計還元率は3%)、毎週土曜日は還元率4%(+通常のストアポイント1%還元で合計還元率は5%)になるほか、「Yahoo!ショッピング」での買い物優待サービス「スタークラブ」のランクが最上級のプラチナランクに固定されるのでポイント貯まりやすく(※)、「ヤフオク!(旧Yahoo!オークション)」で利用できる「Yahoo!かんたん決済」の手数料が最大50%オフになるなど、「Yahoo! JAPAN JCBカード」だけの特典も用意されている。
(※ただし、「スタークラブ」は2014年2月でサービス終了予定)

 Yahoo! JAPANはネットでもリアルでも使える「Tポイント」という強い味方とともに、「Yahoo! JAPAN JCBカード」で、「楽天市場×楽天カード」に対抗していくようだ。

 では、実際に「Yahoo! JAPAN JCBカード」と「楽天カード」のどちらが得なのか。2つのクレジットカードを比較してみよう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)