デザイナーのジョルジオ・アルマーニが仕立て服の広告塔に

写真拡大

 デザイナーGiorgio Armani(ジョルジオ・アルマーニ)が、自身のブランド「GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)」のオーダーシステム「Made to Measure」の最新ヴィジュアルに広告塔として登場した。「Made to Measure」の象徴的なシングルブレストのワンボタンジャケットを着用した姿が、モノクロのセルフ・ポートレート写真に収められている。

ジョルジオ・アルマーニが広告塔にの画像を拡大

 Giorgio Armaniが2013年秋冬「Made to Measure」の広告ヴィジュアルで着ているクラシックジャケットは、素材にバーズアイの100%ウールを使用。襟からラペルに沿ったハンドステッチやフロントプリーツ、胸ポケットのライン、本切羽仕立ての袖口など、伝統に基づく職人の手仕事と最先端の技術を取り入れている。「Made to Measure」を象徴するデザインで、秋から春にかけてロングシーズン着ることができるという。なお、ヴィジュアルの公開に合わせて専用ウェブサイトの公開が予定されている。