40代で妊娠率を上げる方法「抗酸化物質を多くとる」「植物ベースの食べ物をたくさん食べる」

写真拡大

40代で妊娠率を上げる方法「抗酸化物質を多くとる」「植物ベースの食べ物をたくさん食べる」

年齢を重ねるにつれて妊娠が難しくなってしまいます。特に40歳以上になったとたん、妊娠率は下がります。でも心配しないで。40歳になっても妊娠率を上げる方法があります。女性と男性の生殖器のスペシャリスト、アニータ・チャクラバーティーさんに聞きました。

1.ストレスを軽減させる
言うまでもありません。ストレスは妊娠の最大の敵です。甲状腺に悪影響を与え妊娠しにくくなります。

生活スタイルを見直し、どうやってストレスを減らすか考えてみて。仕事時間を減らしたり、責任の少ない仕事に変えてもらうなどを考えるのもアリです。

2.家に潜む有害物質を取り除く
環境エストロゲンは人口のエストロゲンで、家庭雑貨などに含まれています。エストロゲンのよう作用をし子宮内膜症や子宮筋腫、PMSなどの症状を引き起こさせます。

プラスチックの容器を使うのをやめ、クリーニングアイテムは重曹と酢を使い、オーガニック食品を食べ、パラベンの入ってないシャンプーやボディーウォッシュを使いましょう。

3.抗酸化物質をたくさん摂(と)る
40歳になると、卵の質が悪くなります。対応策として抗酸化物質をたくさん摂りましょう。これはビタミンCやE、紫色の食べ物に多く含まれています。これらを摂(と)ることでフリーラジカルによる卵への悪影響が少なくなります。

ブルーベリー、ラズベリー、オレンジ、グレープフルーツ、キウイフルーツ、黒豆、アーモンドやパインナッツなどが抗酸化物質をたくさん含みます。

4.植物ベースの食べ物をたくさん食べる
前より顔の毛が濃くなった?ウエスト周りが太くなった?こんな人はエストロゲンレベルが下がった証拠。植物ベースのファイトエストロゲンは植物由来のエストロゲンなので、自然とエストロゲンレベルを高めます。

大豆(豆腐や豆乳は含まない)、枝豆、亜麻の実油はファイトエストロゲンが豊富なので積極的に摂(と)って下さい。

※ 当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:Boost your chances of getting pregnant in your 40s
http://www.sheknows.com.au/health-and-wellness/articles/962223/boost-your-chances-of-getting-pregnant-in-your-40s