「ホビット」第2章の邦題変更、日本公開日は2014年2月28日に決定。

写真拡大

J.R.R.トールキンによる伝説の冒険小説「ホビットの冒険」を完全映画化するエピック・ファンタジー・アドベンチャー「ホビット」シリーズ。その第2章「ホビット スマウグの荒らし場(原題)」について、ピーター・ジャクソン監督との話し合いによりサブタイトルの変更が決まり、「ホビット 竜に奪われた王国」として2014年2月28日に公開されることが決定した。

平和なホビット庄から魔法使いガンダルフに誘われて、ビルボ・バギンズが思いがけない冒険へと旅立つ第1章「ホビット 思いがけない冒険」。アトラクションのような爽快感溢れるダイナミックなアクションの連続、細部まで作り込まれた“中つ国”の世界観と最新のVFX、13人のドワーフたちの勇気と熱い友情のドラマと、“小さな巨人”ホビットが挑む“大きなアドベンチャー”は世界中の観客の胸を打ち、世界興行収入10億ドルを越える大ヒットを記録した。続く第2章では、恐るべき巨大な竜“スマウグ”に奪われたドワーフの王国を取り戻すため、ビルボたち一行はさらなる壮大な冒険を繰り広げる。

「ホビット 竜に奪われた王国」では、第1章からに引き続き、力強く心優しい灰色の魔法使いガンダルフをイアン・マッケラン、主人公ビルボ・バギンズにはマーティン・フリーマン、ドワーフの指導者トーリン・オーケンシールドをリチャード・アーミティッジが演じる。

「ロード・オブ・ザ・リング」3部作でおなじみのキャラクター、レゴラス(オーランド・ブルーム)、エルフ族のタウリエル(エヴァンジェリン・リリー)、闇の森に住むエルフの王スランドゥイル(リー・ペイス)、谷の王バルド(ルーク・エヴァンズ)など、新たなキャラクターも登場予定。そして、いま最も注目を集める俳優のベネディクト・カンバーバッチが声を務めた“スマウグ”と、マーティン・フリーマン演じるビルボの「SHERLOCK シャーロック」コンビの対峙にも注目だ。

第3部に向けて5月下旬からスタートした10週間にもおよぶ追加撮影は、最先端のカメラと音響技術を駆使してデジタル3Dで、ウェリントンのストーン・ストリート・スタジオを中心にニュージーランド周辺で行われ、7月26日に無事終了した。

映画「ホビット 竜に奪われた王国」は2014年2月28日(金)新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。「ホビット ゆきて帰りし物語(原題)」は2014年12月17日全米公開。