2日目も首位を堅守の稲森!(写真提供:JGTO)

写真拡大

<PGA・JGTOチャレンジカップ in 房総 2日目◇5日◇房総カントリークラブ房総ゴルフ場(7,107ヤード・パー72)>
 JGTOチャレンジトーナメント「PGA・JGTOチャレンジカップ in 房総」の2日目。初日に続き悪天候になったため、1時間48分の一時中断を余儀なくされたが、第2ラウンドは無事全選手がホールアウトすることができた。
強風もコーライも何のその!18歳の新鋭・稲森佑貴が首位タイ発進!
 初日7アンダーで単独首位に立った18歳の稲森佑貴がこの日4つスコアを伸ばし通算11アンダーで単独首位を堅守した。稲森は初日ほどパットが決まらなかったものの、4バーディ・ノーボギーの“68”をマークした。しかしその4つのバーディ以外にもチャンスはあったが打ち切れず、伸ばせたスコアを伸ばしきれなかった。
 今回も父親の兼隆さんがキャディバックを担いでいる。ショットでもグリーン上でも2人で相談しながらコースマネージメントをこなしている稲森。親子ゆえにけんかすることもあるという。過去にはその気持ちを引きずり失敗したこともある。その経験から今では「次、次」と切り替えているそうだ。
 2日間で目標の「2桁アンダー」の11アンダーに到達した稲森。父親との「2人3脚」で「明日は優勝狙うだけ」だ。今大会を18歳の稲森が優勝すれば、浅地洋佑が持つ19歳と14日というチャレンジトーナメント最年少優勝記録を更新する。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
18歳の稲森佑貴が2週連続で首位スタート!
松山英樹、久々日本ツアー出場も「調子はクソ悪い」
“大偉業”に挑戦するアン・ソンジュ「自信はちょっと持ってる」
ゴルフが好きな美人を紹介する「美ゴ女」続々と更新
各ツアーの賞金ランキング