「SoftBank 202TH」

写真拡大

ソフトバンクモバイルは2013年9月10日、iPhone(アイフォーン)5と接続することで衛星電話を利用できるようになるケース型の衛星電話「SoftBank 202TH」を発売する。

はめ込んでBluetoothで接続

衛星電話は、通信衛星と直接通信できる電話網を利用するタイプの電話だ。有線電話や無線の携帯電話と比べ通信可能地域が広く、また回線が混雑する災害時などにも繋がりやすいのが特長。ソフトバンクの衛星電話は現在、北南米の一部の地域を除く全世界で通信できる。

「202TH」はiPhone5のケースのような形をしており、iPhone5をはめ込んでBluetoothで接続し、専用のアプリケーションを使うことで衛星電話として使えるようになる端末だ。衛星回線を利用した音声通話、SMS、データ通信サービス(USB通信、Wi-Fiルーター機能)といった機能が利用できるようになる。

幅約69ミリ、高さ142ミリ、厚さ31ミリで重さは約227グラム。装着後の画像を見ると、少々ゴツめの印象も。

端末代は月額3400円だが毎月の通信料から3400円が引かれるため、2年間使えば実質タダ。通信料は、2年契約の場合は月4900円、それ以外の契約だと月9800円。IPhone5の契約とは別に新たな契約を結ぶ形だ。