写真提供:マイナビニュース

写真拡大

配線資材メーカーのカメダデンキは4日、同社ブランド「kameda環境デザイン工房」より、灯具「kameda RAIL SOCKET」を発売した。

○ダクトレールを使って照明レイアウトができる給電ソケット

同商品は、世界で初めて、ダクトレールを使って照明レイアウトが自由自在にアレンジできるサイズフリーの給電ソケット。スポットライトなどの設置の際に使われるダクトレールに、蛍光灯型LED直管(10、20、40形)をセットすることができ、同一レール上に「スポットライト」と「蛍光灯型LED」を組み合わせた照明レイアウトが可能となる。

従来の灯具ではできなかった、照明器具の自由自在な組み合わせに対応することで、多様化する利用者の照明レイアウトニーズに対応する。また、独自の回転式ソケット構造による効果的な間接照明の演出も可能だという。S(1灯用)・W(2灯用)があり、各オープン価格。

(エボル)