マックスマーラ銀座旗艦店 オープン10周年で初の大規模改装

写真拡大

 「Max Mara(マックスマーラ)」の国内最大フラッグシップである銀座三丁目店が、オープン10周年を記念して初めての改装を実施し、9月6日にリオープンする。ファザードから店内に自然光を取り入れるデザインを採用するなど、本拠地イタリアで昨年リオープンしたミラノ旗艦店のコンセプトを新たに反映。複数展開する各ラインはセグメント化し、それぞれの世界観をより強く打ち出していくという。

銀座マックスマーラがリオープンの画像を拡大

 大々的にリニューアルした「マックスマーラ 銀座三丁目店」はガラスの建物を囲むように配されたパターン状の白い装飾が特徴で、自然光を店内に取り込み開放的な空間を演出すると同時に、外からも店内が見えやすいように工夫。ブランド特有の温かみのある雰囲気を醸し出す素材を効果的に使い、銀座ならではのイメージにミラノ旗艦店の要素を融合している。デザインはドゥッチョ・グラッシ・アーキテクツ設計が担当した。

 2フロア、450平方メートルの店内では「Max Mara」や「'S Max Mara」、「Sportmax」、そしてアクセサリーなど幅広いラインを扱い、インテリアにはソファや陶器を用いて5ツ星ホテルのようなラグジュアリーな空間を創出。1階奥にはブランドを象徴するキャメルカラーのコート等を集約したエリアを設けたほか、2階奥のドレスラインにはVIPスペースを新たに併設した。また、会長のルイジ・マラモッティ氏自らが調合したというオリジナルの香りを初導入している。

 リオープンに合わせて、イタリアのインテリアデザイナーユニット「Studiopepe(スタジオペペ)」によるウィンドウディスプレイを9月30日まで展開。テーラーの仕立て作業をイメージしたシーンが再現されている。また2013-14年秋冬コレクションのランウェイに登場した新作バッグ「JBag」の銀座三丁目店限定モデルを発売する。

■マックスマーラ 銀座三丁目店
 住所:東京都中央区銀座3-3-1 Zoe 銀座ビル
 TEL:03-5524-6099
 営業時間:11:30〜20:00(不定休)