カルト教祖を殺害後に局部切断

ざっくり言うと

  • 南太平洋のパプアニューギニアで「黒いイエス」の異名を持ったカルト集団の教祖
  • 怒った群衆らに、めった刺しにされて殺害された後、局部を切り取られていた
  • 教祖は服役中だった刑務所から集団で脱獄以降、逃亡中だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング