リリーとピエールはぶつ森仲間、ヘビーな映画「凶悪」現場でほのぼの。

写真拡大

9月4日(水)、東京・新宿ピカデリーにて、映画「凶悪」の完成披露試写会が行われ、主演の山田孝之をはじめ、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、そして白石和彌監督が登壇、舞台挨拶を行った。

本作は死刑囚の告発をもとに、ジャーナリストが闇に埋もれた殺人事件を暴き、犯人逮捕に至った衝撃のノンフィクション作品「凶悪 -ある死刑囚の告発-」の映画化。それだけに、衣装も含め、どこか重苦しいムードに包まれる中、まずは山田が「この後、パーティーやお食事会などの予定の入ってる人は楽しめなくなると思います」「友人関係がダメになっても責任は取れないので、そこはそういうつもりで見てください」と独特な口調で、客席に注意を呼びかけた。

続くピエール瀧は「最近は、朝から寿司屋の格好でみなさんを困らせていますが、今回は死刑囚、そしてヤクザという役で、みなさんお口に合いますでしょうか(笑)」と笑いを誘うも、「ハッピーなところがひとつもない映画」とやはり釘を刺した。

リリー・フランキーは、この新宿ピカデリーで「それでも恋するバルセロナ」を鑑賞した際、財布を忘れてしまうも、そのまま劇場スタッフに手渡されていたエピソードを語った後、「ウディ・アレンの映画を見にきているような善良なお客様は、財布をちゃんと届けてくれてたんですよ。今日はこういう映画をご覧の場合、財布は戻ってこないと思うので、みなさん財布をお忘れないように」と、また別の意味で注意を促し、笑いを誘う。

山田演じるジャーナリストの妻役の池脇は、「上演前なのであまり言えませんが、ちょっと怖いので、ゆっくり楽しんでってください」と言葉を選びながらも挨拶を終了。白石監督は「本質的には映画の力そのものを信じて、見た後、ハッピーにはならないかもしれないけど、でもそれも含めて面白かったと言える映画を作ろうと思い、歯を食いしばって必死に作りました」と自信に満ちたコメントをした。

また、白石監督は、今回のキャスティングについて「見たことない役で、画面のなかで躍動していただくように出来れば」として、池脇に関しては「ひとり強い女性としていてくれれば」とオファーしたそうだ。

内容が内容だけに、撮影現場もヘビーな雰囲気になっていたかと思いきや、「空き時間に、リリーさんと一緒に『どうぶつの森』(3DS用『とびだせどうぶつの森』)をずっとやってました」(ピエール瀧)、「おかげで、うちにはリンゴの木とナシの木がなりました」(リリー・フランキー)、「二人でセブンイレブンまで(配信アイテムの)おでんのなべをもらいに行ったりして(笑)」(ピエール瀧)と和やかなムードもあったそう。

しかし、池脇の場合、2日間だけの撮影だったのにも関わらず、「私の携わったシーンは、みなさんみたいな和気あいあいみたいなのは一切なくて、地獄の2日間だったんだっていうのは覚えてますね」と笑顔ながらに、苦悩した現場を振り返る。

リリーも池脇の出演シーンについて「見終わると、人が殺されていくシーンよりも、藤井家のヘビーさの方がキツい。この夫婦には、絶対ディナーには呼ばれたくないね(笑)」とポツリ。

マスコミなどを中心に試写で高評価を得ているという本作、その点について山田は「もちろん題材がこれですから、バカみたいに大ヒットする映画にはならないと思いますけど、見てもらいたいですね。見なくていいの?って感じがします。見る勇気がないのかと。見なさい。見ろ。見ろ、この野郎。バカ野郎!」と何かのスイッチが入ったかのように暴言を吐き、「今のところが記事になります」とリリーを唸らせていた。

池脇の周囲でも評判は上々のようで、「俳優仲間からは出たかった聞いてるので、私は出られて幸福だったなと思います」と、女優冥利に尽きる一作となったようだ。

映画「凶悪」は9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー(※R15指定)。