メゾン キツネ東京店を飾るアンドレのポスターアート 限定アイテムの販売も

写真拡大

 「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」と親交の深いフランスのグラフィティアーティストAndré Saraiva(アンドレ・サレヴァ)によるストリートアートのエキシビジョンが、9月4日からスタートした。今年2月にオープンしたメゾン キツネ東京店で開催される初のイベントで、André Saraivaの作品10点を展示。André SaraivaがペイントしたTシャツが20枚限定、スニーカーが10足限定で販売される。エキシビジョンの会期は10月3日まで。

メゾンキツネ東京店初のイベント開催の画像を拡大

 展示作品は、André Saraivaがリスペクトする実在のアーティストが一夜限りのライブを行うとどんなポスターになるのかをイメージして描かたもの。東洋インキの協力のもと、André Saraivaがオリジナルの日本製キャンバスにハンドペインティングした。Jay Z(ジェイ Z)やKanye West(カニエ・ウエスト)ら大物アーティストの名前が並んだ作品は、ポスターとしても製作。海外では街中に貼られ、話題になっていた。

 東京では開催の前日に1日限定で、メゾン キツネ東京店をエキシビジョンのためだけに開放。作品の展示に加え、什器にはコラボレーションアイテムやポスターが吊るされ、André Saraivaの製作場としてデスクがディスプレイされた。なお、作品は1点180万円で販売が予定されていたが、全て売約済みだという。

 André Saraivaは、「東京が好きだし、古い友人である2人とコラボレーションできて本当に嬉しい」とコメント。初のストアイベントの実施に「MAISON KITSUNÉ」の黒木理也(くろき まさや)は、「例えばアコースティックライブとか、今後も音楽と絡めたイベントをやっていきたい」と話している。

■メゾン キツネ東京店
 住所:東京都港区南青山3-15-13
 営業時間:11:00〜20:00