写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都千代田区丸の内のインフォス有楽町 無印良品有楽町2階「ATELIER MUJI」で、「ウールのチカラ展」が開催される。日時は9月6日〜10月6日、10時〜21時まで。入場無料。

○天然素材ならではの特徴を新しい視点で見直す

無印良品が主催する同展では、保湿力、抗菌性、撥水性など、さまざまな特性を持っており、古くから多くの人に愛されてきたウール素材を取り上げ、天然素材ならではの特徴を新しい視点から見なおしている。

展示は、デザイン評論家・柏木博氏の寄稿、ウールならではの機能性(毛質)についてのテキストと図解、羊毛種や加工が異なるウール糸や衣服造形作品の展示という、3つの視点から構成。作品には衣服の原点とも言える手紡、手編み、フェルトの手法を使い、作品を見たり糸に触れることから、"ウールの不思議とチカラ"を感覚して貰いたいとのこと。

なお、関連イベントとして、デザイン評論家・柏木博氏、衣服造形家・眞田岳彦氏によるトークイベント「くらしとウール」(参加無料、事前予約が必要となる)を開催。歴史、科学、ファッション、文学などのさまざまな領域のほか、時代や地域を横断しながら、人間と羊、ウールとの関係を解説する。日時は9月6日の19時〜20時30分まで。

(OFFICE-SANGA)