学研ステイフルの「ワールドアイ」

写真拡大

ドーム型のスクリーンにリアルな地球を映し出せる「ワールドアイ」を、学研ステイフル(東京・品川区)が2013年10月下旬に発売する。地球儀のような形状で、台風の動きや大陸移動など、さまざまな情報を見ることができる「情報球儀」だ。

「東京インターナショナルギフトショー」で先行披露

JAXA(宇宙航空研究開発機構)などから資料提供を受けた「地球」「太陽系・銀河系」編や、天体写真家・藤井旭さん協力による「星座」編、NHKとも提携した「アクア」編など、52コンテンツをそろえた。

球形スクリーンの映像は、「平面で見る映像とはまったく異なる、吸いこまれそうな驚きのリアル感」をもたらすという。ナレーションによる説明もあるほか、「海月プラネット」や「海中散歩」など、インテリアとしても使える映像も用意している。

またHDMIケーブルをPCやタブレット端末を接続すれば、自分で撮った映像や画像なども投影でき、映画を流したりお気に入りのアーティストのPVを流したりすることもできる。

サイズは高さ380×横幅250×奥行き250ミリ。価格は4万1790円。

東京ビッグサイト(東京・江東区)で9月6日まで開催中の「東京インターナショナルギフトショー」で、先行披露されている。