超名作!「スレイヤーズ」と「魔術士オーフェン」奇跡のコラボ小説が復刊!!

富士見書房のファンタジア文庫25周年企画として、ファン垂涎の幻の名作復刊企画及び、伝説のコラボ企画始動が発表された。
第1弾は9月20日発売の「スレイヤーズVSオーフェン」「ドラゴンズ・ウィル」の2作品発売。

【関連:ライトノベル『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』テレビアニメ化決定】

スレイヤーズVSオーフェンDRAGONS_WILL_CoverE


「スレイヤーズVSオーフェン」は、2001年にドラゴンマガジンの増刊「ファンタジアバトルロイヤル」で実現した「スレイヤーズ」と「オーフェン」のコラボ小説。
2005年に限定版として刊行されたが、売り切れ店が続出し、当時に手に入れられなかった人が多い幻の単行本。

そして、「ドラゴンズ・ウィル」とは、アニメ化企画進行中「棺姫のチャイカ」や、アニメ化決定「アウトブレイク・カンパニー」(講談社 刊)の著者・榊一郎のデビュー作。今回の復刊にあたり、文庫未収録の幻の短編も収録される。

さらに、「スレイヤーズ」の神坂一と「魔術士オーフェン」の秋田禎信の完全新作小説の発売が決定。今回復刊する「スレイヤーズVSオーフェン」での“神坂一&秋田禎信”伝説のコラボが、13年の時を経て、新企画として始動する。
今回の新作コラボ小説の内容は、<シェアードキャラクター>という、キャラクターと世界観設定を神坂氏&秋田氏の二人で作り上げ共有し、それを元にそれぞれが小説を書いていくという手法を使った小説。10月19日に神坂版・秋田版の2冊が同時発売される。

イラスト小笠原智史イラスト林啓太・林哲也

富士見書房HP http://fujimishobo.co.jp/sp/book/