「Kindle Paperwhite」新モデルの予約ページ

写真拡大

Amazon.co.jp(アマゾン)は2013年9月4日、「Kindle Paperwhite」(キンドル ペーパーホワイト)の新モデルを発表、予約受付を始めた。

読んでいるページを開いたまま、パラパラめくれる

キンドル ペーパーホワイトは、明るい日差しの中で反射しにくいe-ink スクリーンを採用し、紙と同じ感覚での読書体験をめざした端末だ。

今回発表された新モデルは、従来機に比べて25%速いプロセッサーを採用、ページめくりが早くなった。また、画面についてはコントラストを高くし、より見やすくしたほか、タッチスクリーン技術も向上し、タップにより正確に反応するようにした。

さらに、新機能としてPage Flip機能を追加した。読んでいるページを開いたまま、ページごと、章ごとにパラパラとページをめくれる。検索機能も強化し、辞書とwikipedia(ウィキペディア)を統合したほか、検索した単語が自動的に追加される単語帳機能も搭載した。

価格はWi-Fiのみのモデル(10月22日発売)が9980円、3Gモデル(11月12日発売)が1万4980円。