ディオール オム表参道店リニューアル 2014年春コレクション先行公開

写真拡大

 「Dior Homme(ディオール オム)」が、旗艦店の表参道ブティックをリニューアルすることを発表した。同店の4階ではこれに伴って9月21日からポップアップストアを開設し、グランドオープンの10月12日からはクリエイティブ ディレクターKris Van Assche(クリス・ヴァン・アッシュ)とパリのアーティストM/M Parisによるインスタレーションを公開予定。オープニングには、今後シーズンごとに年4回の発表になる「Dior Homme」の2014年スプリングコレクションを世界に先駆けて発表する。

ディオール オム表参道店リニューアルの画像を拡大

 表参道沿いに建つディオール表参道の地下1階に位置するディオール オム表参道ブティックは、リニューアルによって新たなラグジュアリースペースとして生まれ変わる。10月12日にリニューアルオープンし、定番アイテムをはじめウェアからシューズ、アイウェア、レザーグッズ、時計、アクセサリー、そしてフレグラスまで全てのカテゴリーを展開する。

 リニューアルオープンと同時に公開されるのは、「Dior Homme」と様々なアーティストとのコラボレーションプロジェクトの一環として、世界中の限定されたブティックで行われているインスタレーション。「新しいアーティスト達との出会いや、クリエイティブな作業を通して新たなコラボレーションをつくり上げていくことはとても興味深く、ディオール オムとして新しいアプローチができる」と考えるKris Van Asscheは、M/M Parisと実施するプロジェクトについて「個性的な作品を発表することで、ディオール オム表参道ブティックのグローバルなアイデンティティを強調させ、その場所との特別な結び付きが表現できると考えました」とコメントしている。

 「Dior Homme」は今後、各シーズンの重要性や個性を際立たせることを目的に、スプリング・サマー(ランウェイコレクション)・オータム・ウィンター(ランウェイコレクション)の年4回、独立したコレクションの発表体制に移行する。皮切りとなる2014年スプリングコレクションのカタログはM/M Parisがアートディレクションを手がけ、Kris Van AsscheとフォトグラファーKarim Sadli(カリム・サドリ)のコラボレーションによってコルシカ島で撮影。「ディオール オム表参道ブティック」のリニューアルオープン日から10月20日まで公開されるインスタレーションでは、それらの制作背景が表現されるという。

■ディオール オム 表参道
 東京都渋谷区神宮前5-9-11 B1階
 03-5464-6263