ネット証券のスマートフォン向けアプリは現在進化を続けている途中で、各社のアプリにはまだまだ機能差がある。前回のマーケット情報編に引き続き、今回は、各社日本株向けアプリの機能比較「個別銘柄」編をお届けする。

 たとえば、気配板やチャートなどの表示データの更新時間は取引ツールごとに異なる。楽天証券の「iSPEED」では、株価の更新頻度を、「なし、5秒、10秒、15秒、30秒、60秒」から選べる。一方、岡三オンライン証券の「岡三ネットトレーダースマホ」では、リアルタイムに自動更新される。

 リアルタイム更新の方が新鮮な情報が見られる一方で、スマホ端末のバッテリーの消耗は速くなる。また、「iSPEED」はシェイクでも株価更新が可能だ。「更新なし」に設定し、見たい時だけシェイクする手もある。自分の取引スタイルにあったアプリを選ぶといい。データの更新時間を含め、その他の機能比較を【図表1】にまとめた。

【図表1】各ネット証券の最新日本株アプリ 機能編

証券会社/
アプリ名
最短更新間隔 チャート 特殊注文 会社情報
テクニカル指標数 横表示 表示期間変更 逆指値 OCO 板発注
エイチ・エス証券
スマ株
2秒 12
SBI証券
SBI株取引
5秒 1
岡三オンライン証券
岡三ネットトレーダースマホ
リアルタイム 3 業績、ロイターコンセンサス、株主優待、投資情報局
カブドットコム証券
kabu.com for iPhone/Android
リアルタイム(板) 25 四季報、株主優待
GMOクリック証券
iClinck株
1秒 4 指標、財務、業績等
松井証券
株touch
リアルタイム(板) 7(株)
マネックス証券
マネックストレーダースマートフォン
リアルタイム 7
ライブスター証券
livestarS
リアルタイム 7
楽天証券
iSPEED
5秒 14 四季報、株主優待

※テクニカル指標数には「出来高」を含みません。

今やチャートの「横表示」はあたりまえ

 スマホのチャート画面といえば、「横画面表示」だ。スマホを横置きにした時に、チャート画面も横長に表示できる。狭いスマホ画面でも少しチャートが見やすくなる。多くのアプリに装備されている機能だ【図表1】。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)