メンズファッションの源泉を探る「日本の男服」展開催

写真拡大

 神戸ファッション美術館が、展覧会「日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―」を10月11日から開催する。明治時代の勅任官大礼服をはじめ、新収蔵の永澤陽一や「beauty:beast(ビューティビースト)」の作品など約100点を展示。期間は2014年1月7日まで。

展覧会「日本の男服」の画像を拡大

 「日本の男服―メンズ・ファッションの源泉」は、洋装化の始まりから現在のメンズファッションに至る日本の男服の変遷を振り返る展覧会。明治初期にはじまり、明治・大正・昭和期の軍服や礼服、平服、1960年代にアイビースタイルを打ち出した「VAN」、ヨーロピアン・モードを取り入れた「エドワーズ」などの衣服やノベルティなどが多数展示される。

 展覧会に合わせ、神戸芸術工科大学非常勤講師の安城寿子によるセミナーイベント「仕立職人たちの格闘―どうにか国産紳士服が作れるようになった頃」やシンポジウムを予定。また神戸に本社を構える通販会社フェリシモのアーカイブコレクションの展示やワークショップが開催される。

■日本の男服―メンズ・ファッションの源泉―
 2013年10月11日(金)〜2014年1月7日(火)
 開館時間:10:00 - 18:00(入館は17:30まで)
 休館日:水曜日、年末年始(12月29日-1月3日)
 入館料:一般500円 小中高65歳以上250円
 主催:神戸ファッション美術館
 企画協力:神戸ブランメル倶楽部
 協力:一宮市博物館、兵庫県洋服商工業協同組合、有限会社石津事務所、株式会社エドワーズ、スキャバル ジャパン 株式会社、エフティアイエンタープライズ、石田洋服店、くろすとしゆき、畑埜佐武郎、里見高行
 展示協力:大阪樟蔭女子大学
 後援:産経新聞、Kiss FM KOBE