池袋のアツい祭りを満喫!「ふくろ祭り」今年も開催!!

写真拡大

今回で46回目を迎える池袋の夏祭り「ふくろ祭り」。池袋の街全体がかなり盛り上がる! ということを聞きつけ、早速その魅力をふくろ祭り協議会の方に詳細をお聞きしたところ・・・。

「9月28日(土)、29日(日)は御神輿の祭典、10月12日(土)、13日(日)は“東京よさこい”と踊りの祭典というように別れています。出し物は基本的に全ておすすめですね。9月の前夜祭からスタートして、29日の御神輿は、昼は神社の行事で15町会から各神輿が13基出て神輿パレードがあり、夜の『宵神輿』にはその町会の神輿にさらに御神輿の会の担ぐ神輿も5基出てクライマックスを迎えます。西口駅前はかなり盛り上がりますよ」とのこと。

そのほか、歌謡ショー、太鼓ショー、ダンス、獅子舞、おはやしなど「祭りだ祭りだ!」って感じの内容が盛りだくさん。さらに、10月12日(土)の踊りの祭典では、フラダンス、極真空手の空手演舞、江戸芸かっぽれ、佐渡おけさ、池袋やっさ、沖縄エイサー、東京音頭など音楽と踊りと、これまたにぎやかで楽しそう! なかでも、“池袋やっさ踊り”はふくろ祭りの歴史を感じさせ、とってもかっこいい!

そして、10月13日(日)は「第14回東京よさこい」が開催。現在100を超えるチームが参加申し込み済み。派手な衣装と陽気な音楽、リズミカルな鳴子に合わせて池袋の夜は最高潮に盛り上がること請け合い。メイン会場では、友好都市の観光物産展と協賛企業ブースが並んで、夜店気分でお買い物も。豊島区民が誇るお祭りに繰り出して、思いっきりエンジョイしちゃおう!